【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ストップ!横断歩道

本紙掲載日:2018-12-01
3面
同店に訪れた人らにチラシなどを配る参加者

イオン延岡でキャンペーン

◆止まらない車−厳しく取り締まり

 延岡市交通安全対策本部(本部長・読谷山洋司市長)は11月23日、同市旭町のイオン延岡店で、信号機のない横断歩道での安全確保の啓発キャンペーンを行った。

 キャンペーンには同本部、延岡署、交通安全協会、交通指導員ら13人が参加。「ストップ横断歩道」と書かれたチラシと啓発ティッシュ、マスクを500セット配布した。

 運転する人には横断歩道の標識や表示を見たらまず歩行者を確認すること、歩行者がいる場合は必ず停止線手前で停止することを呼び掛け。歩行者にも、夕方以降や雨の日など暗い時には、明るい服装で外出すること、横断中の左右確認を訴えた。

 県交通安全対策本部は、今年度の活動推進重点目標に「横断歩道における歩行者などの安全確保」を掲げて運動を推進中。信号機のない横断歩道で渡ろうとする歩行者や横断中の歩行者がいる時に、一時停車しなかったり、歩行者の通行を妨げた場合は、道交法第38条違反として、厳しく取り締まるという。

 違反した場合は減点2点、反則金は大型車が1万2千円、普通車が9千円、二輪車が7千円、原付き車が6千円という。

 キャンペーン後、同署の三續健二交通課長は「警察も取り締まりを強化するが、年末に向けてさまざまな活動を通して事故防止に努めてほしい」とあいさつを述べていた。

その他の記事/過去の記事
page-top