【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(4)・夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2018-12-01
8面

【平成2年1〜12月】
◇県民の絵がギネスに
県主催のイベント「ひむかの祭典」で作られた縦50メートル、横250メートルの絵がギネス社から「世界最大の絵」に認定された。約3万人が描いた絵をつなぎ合わせた(7月11日付)

◇渇水で農協が雨ごい
雨不足が続き、延岡農協が行縢神社で雨ごいを行った(8月9日付)。その効果があったのか、1週間後にはまとまった雨が降り、カラカラの農地を潤した(8月17日付)

◇高波で防潮堤が決壊
台風14号による高波で門川町向ケ浜の防潮堤が決壊、近くの旅館などが被害に遭った(8月22日付)。台風は延岡市のすぐ沖合を通過した。

◇3社で合弁会社
旭化成が恒富社宅跡地に計画した大型商業施設の核店舗として、旭化成サービス、アヅマヤ百貨店、宮崎山形屋の3社が合弁会社を設立して入店することになった(8月23日付)

◇NCA校舎完成
情報処理技能者を養成する延岡コンピューター・アカデミー(NCA)の校舎が土々呂町に完成し、盛大に落成式が行われた(8月30日付)

◇母ちゃんパワー
延岡市下三輪町の婦人消防隊が全国婦人消防操法大会に県代表として出場することになり、連日猛練習を続けた(9月11日付)。大会は10月に横浜市で開かれた。

◇クヌギの人工種子化
延岡市土々呂町出身の農学博士戸田義宏さん(九州東海大教授)が、ドングリの胚軸(はいじく)からクヌギの苗木を作ることに成功した(9月22日付)。樹木の人工種子化は世界で3例目、クヌギは初めてだった。

◇寛斎ショー大成功
世界的なデザイナー山本寛斎のショーが高千穂町で開かれ、華麗なファッションや世界最大規模といわれた壮大な舞台演出で約2万人の観客を魅了した(9月24日付)

◇ヘリが墜落
旭化成が宮崎空港−延岡間の社用定期便にチャーターしたヘリが日向市牧島山に墜落。乗員、乗客計10人が亡くなった(9月28日付)

◇森下選手が1万メートルで金
アジア大会陸上男子1万メートルで旭化成の森下広一選手が金メダルを獲得(9月29日付)、延岡西高卒の小中富公一選手も男子1600メートルリレーで金メダルに輝いた(10月2日付)

◇県北レディースゴルフ
第1回ミズノカップ争奪県北レディースゴルフ大会(夕刊デイリー新聞社主催)が、アマチュアゴルファー約100人が参加して北方ゴルフ倶楽部であった(10月4日付)

◇アポロ病大流行
急性出血性結膜炎、通称アポロ病が県北で流行し、眼科に患者の列ができた(10月6日付)。昭和56年以来、9年ぶりの大流行となった。

【平成2年1〜12月】
◇早生氏4選果たす
延岡市長選挙が行われ、早生隆彦氏が4選を果たした(10月22日付)。3人で争った選挙戦は、市長選としては史上2番目に低い投票率(51・37%)となった。

◇生涯青春
延岡市で「自然と健康イベント」が開かれ、2日間で約5万人が会場を訪れた(10月29日付)。「生涯青春」の人文字も描かれた。

◇皇位継承を宣言
象徴天皇制を規定した現行憲法下で初めての即位の礼が行われ、天皇陛下が誓いの言葉を述べられた。内外から2500人が参列し、皇居の森に21発の礼砲がとどろいた(11月12日付)

◇国内最大の群落確認
延岡市島野浦島の海中で国内最大級のオオスリバチサンゴの群落が確認された(11月16日付)。テレビ局が取材中に発見し、撮影した。

◇名誉市民に内藤政道氏
内藤政道氏が延岡市の名誉市民となることが決まった(11月20日付)。政道氏は延岡城跡を市に寄付するなど多大な功績を残した。

◇高さ16メートルの不動明王像
延岡市の昭和鋳工で高さ16メートルの不動明王像が作られた(11月21日付)。国内最大級で完成後は北海道に送られた。

◇百済の館完成
「百済の里づくり」を進める南郷村の神門に「百済の館」が完成し、落成式が行われた(11月24日付)。韓国風の建物は日韓交流のシンボルとなった。

◇商調協始まる
延岡商工会議所で事前商業活動調整協議会が始まった(11月28日付)。前年末から相次いだ大型店の出店・増床計画は、調整の場に舞台が移った。

◇余熱利用施設を発表
延岡市が、温水プールや大浴場などを備えた余熱利用施設の基本計画を発表した(12月14日付)。清掃工場南側に建設、総事業費は約30億円が見込まれた。

◇大阪に夜間高速バス
宮崎交通などが、延岡−大阪間に夜間高速バス「ひえつき号」を運行することになった(12月20日付)。所要時間は約13時間。第1便は12月21日に出発した。

◇五ケ瀬スキー場完成
五ケ瀬町向坂山に五ケ瀬ハイランドスキー場が完成し、絶好のスキー日和の中でオープニングセレモニーがあった(12月21日付)。カラフルなウエアに身を包んだスキー客が、国内最南端のゲレンデにシュプールを描いた(12月22日付)

◇文化会館が完成
門川町の総合文化会館と勤労者総合福祉センターが南町に完成した(12月27日付)。約650席を備えた会館は翌年の成人式で初めて公開された。(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top