【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小型ロケット作って発射!

本紙掲載日:2018-12-03
7面
発射ボタンについて説明を受ける児童
「上空低空飛行物体無し」と確認、発射!

浦城小で体験教室−日本宇宙少年団が指導

 延岡市の浦城小学校(喜多直人校長)は11月29日、同校で小型モデルロケット飛ばし体験教室を開いた。児童7人がロケット作りから打ち上げまでを行った。

 理科や宇宙に興味を持ってもらうとともに、外部講師との交流でコミュニケーション能力を育てることが狙い。同校のクラブ活動の一環で今回初めて実施した。日本宇宙少年団延岡分団の岩切昌一団長ら3人が訪れて指導した。

 今回作ったロケットは、火薬を使って打ち上げる本格的なもの。先端に取り付ける部品をやすりでとがらせ、火薬を慎重に取り付けた。児童は指導を受けながら真剣に作業に取り組み、1時間ほどで作り上げた。それぞれ波や丸などの模様を描いて個性あふれるロケットに仕上がった。

 完成したロケットは、同校運動場で打ち上げた。「上空低空飛行物体無し」と声をそろえて確認。カウントダウンをして発射した。瞬く間に地上から約200メートルの高さに上昇するロケットに児童は歓声を上げた。

 小野湊聖君(5年)は「本当に飛んだのですごかった。飛ぶ仕組みについてもっと詳しく知りたいと思いました」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top