【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

音の世界を満喫

本紙掲載日:2018-12-03
7面
朗読劇「家族」を熱演する会員
薗田さん

朗読劇「家族」を熱演−延岡ひかりの会

 延岡ひかりの会(齋藤富士夫会長)の第99回朗読鑑賞会は11月25日、延岡市社会福祉センターであった。会員が杉本苑子作の「今昔物語ふぁんたじあ」より「家族」を朗読劇にして上演。同会を指導するフリーアナウンサー薗田潤子さんの朗読、延岡フィルハーモニー管弦楽団団員4人の小コンサートもあり、視覚障害者も一般も一緒に、音だけでつくり出される世界を楽しんだ。

 「家族」の粗筋は−−洪水に流されながら、母親を助けようとして幼い息子の手を離してしまった父親。息子は行方不明となり、それが原因で家族は不仲になってしまう。会員は5人が出演し、それぞれの役を声だけで熱演。緊迫した洪水の光景を、聴く人の脳裏にまざまざと浮かび上がらせた。

 薗田さんは宇多ゆりえ作「おいらん六花(りっか)」など2本を朗読。延岡フィル団員の小コンサートもフルートやクラリネットの独奏、ファゴットやチェロが加わってのアンサンブルなどがあり、充実したプログラムが好評を博した。

 ひかりの会は、目の不自由な人のための音訳・点訳ボランティアグループ。録音図書作成、市町村報の音訳、小説や情報(ごみカレンダー、時刻表など)の点訳などを活動の柱としながら、年に数回、視覚障害者の楽しみに朗読鑑賞会を開いている。このうち春と秋は、同会の活動を広く知ってもらおうと一般公開している。

その他の記事/過去の記事
page-top