【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(5)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2018-12-05
8面

【平成3年1〜6月】
◇川並勇男氏死去
旭有機材工業代表取締役会長の川並勇男氏が1月3日に死去した。80歳だっ
た(1月4日付)。北方町出身。昭和52年から社長を務め、同社を優良企業
に育てた。

◇県北初の心血管造影システム
延岡市の共立病院新病棟が完成した(1月15日付)。県北初の心血管造影シ
ステムなど最先端の高度医療機器が導入された。

◇椎葉神楽など重文に
文化財保護審議会が、椎葉村の椎葉神楽などを重要無形文化財に指定するよう
答申した(1月26日付)。県内では高千穂神楽などに次いで4件目。

◇寒ブリ大漁
延岡市の赤水、浦城沖の大型定置網に重さ8〜10キロの寒ブリ計2千本が入
り、シーズン本番を告げる大漁に港は活気づいた(1月28日付)

◇森下選手が優勝
別府大分毎日マラソンが行われ、旭化成の森下広一選手が日本歴代6位の2時
間8分53秒の大会新記録で優勝した。フルマラソン初挑戦だった(2月4日
付)

◇リュウグウノツカイ
深海魚のリュウグウノツカイが北浦町下阿蘇の海岸で見つかった(2月7日
付)。長さ3メートル、重さ20キロ。剥製にして町役場に展示された。

◇本州最南限のサケ
延岡市安井町沖で捕れたサケが、本州の太平洋側における最南限の記録と鑑定
された(2月19日付)。サケは昭和63年に定置網に入り、宮崎大で鑑定が
進められていた。

◇日之影町で6千万円
日之影町でグリーンジャンボ宝くじの1等6千万が出た(3月13日付)。前
後賞合わせて9千万円。町内はこの話題で持ちきりとなった。

◇女子高生でイメージアップ
延岡市消防本部と消防団が、女子高校生を起用したPR用のパンフレットを作
った(3月16日付)。モデルは署員の長女。爽やかな笑顔が好評だった。

◇見立中で閉校式
日之影町見立中で閉校式があり、最後の卒業生となった2人が「心の支えがな
くなるようで悲しい」と母校との別れを惜しんだ(3月21日付)。学校は昭
和22年に設立された。

◇松山橋開通
延岡市の五ケ瀬川に架かる松山橋が完成し、市民約500人が渡り初めをして
開通を祝った(3月25日付)。昭和61年に着工していた。

◇ヤブツバキを絶賛
ツバキの国際的な権威として知られる農学博士が、延岡市の城山公園に自生す
るヤブツバキ群を視察。「日本一。全国にアピールを」と絶賛した(3月27
日付)

◇本番スタート
都市型ケーブルテレビのテレビネットワーク延岡(TNN)が開局し、延岡市
愛宕町の放送センターで記念式典があった(4月2日付)。前年9月に試験開
局していた。

◇県内3位に転落
延岡市の人口が20年ぶりに13万人台を割り、都城市に抜かれて県内3位に
転落した(4月20日付)。両市は、昭和30年代には3万人以上の開きがあ
った。

◇大幅カットを直訴
延岡市商店会連合会が、大型店の新増設計画を審議している商業活動調整協議
会委員に対し、店舗面積の大幅カットを訴えた(5月10日付)。商調協は5
月27日に結審、5店の新増設を事実上容認したが、市街地の大型店は売り場
面積を一律20%カットした(5月29日付)

【平成3年1〜6月】
◇高さ17メートルの般若姫
延岡市の昭和鋳工が製作した高さ17メートルの般若姫像が、大分県三重町の
内山公園に建立された(5月11日付)

◇余熱利用施設でコンペ
延岡市が建設する余熱利用施設の設計コンペがあり、9社が参加した(5月2
5日付)。設計案は九州大名誉教授ら専門家が審査した。

◇アヅマヤ閉鎖を表明
延岡市のアヅマヤ百貨店が、幸町の本店を閉鎖することが明らかになった(5
月29日付)。4月には日向店を閉鎖していた。旭化成が計画した商業施設の
合弁会社に共同出資で参画する計画だった。

◇県北にも黒い雨
長崎県の雲仙岳で最大規模の火砕流が発生し、高千穂町や延岡市など県北の広
い範囲で降灰が確認された(6月4日付)。火山灰交じりの黒い雨が約1時間
にわたって降り注いだ。延岡市の企業が被災者の求職受け入れなどに協力した
(6月19日付)

◇五ケ瀬川の濁り深刻
五ケ瀬川でアユ釣りができないほどの濁りが発生した。内水面漁協は、上流の
熊本県側で行われていたゴルフ場の造成工事が原因の一つとみて工事関係者に
改善を申し入れた(6月6日付)

◇LSI工場を延岡に
旭化成は、LSI(高密度集積回路)工場を延岡市のレーヨン工場内寄宿舎跡
に建設すると発表した(6月13日付)。男女合わせて360人の雇用が見込
まれ、同市にとって大きなニュースとなった。

◇杉谷昭人氏がH氏賞
宮崎市の詩人杉谷昭人氏が詩壇の芥川賞とも呼ばれるH氏賞を受賞した(6月
20日付)。元教師の杉谷氏は、日之影中、延岡西高など県北の学校にも勤務
した。

◇鹿越丸、14年ぶりに新造
延岡市の上三輪町と北方町吐合間の五ケ瀬川を結ぶ市道の渡し船「鹿越丸」が
14年ぶりに新造された(6月22日付)。1日約20人が利用した。6月3
0日に進水式が行われた。

◇高千穂峡に水族館
高千穂町の高千穂峡に五ケ瀬川水系の生物を集めた淡水魚水族館がオープンし
た(6月26日付)。施設は神明造り。約30種類の魚などを展示した。(カ
ッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top