【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

河内さん(日向)が総合優勝

本紙掲載日:2018-12-06
9面
淀川三十石船舟唄全国大会で総合優勝した河内正二さん

第26回淀川三十石船舟唄全国大会(大阪)

◆民謡歴40年超、各地の唄に挑戦

 第26回淀川三十石船舟唄全国大会が11月23日、大阪府高槻市の高槻現代劇場中ホールで開かれ、日向市亀崎の河内正二さん(69)が総合優勝を果たした。

 大会は一般とジュニアの部があり、河内さんが出場した一般には全国から219人がエントリーした。予選後、15人による決勝戦で頂点を競った。

 河内さんは民謡歴40年以上のベテラン。日向木挽唄(日向市)や正調刈干切唄(高千穂町)などの全国大会で総合優勝した経験のある実力者。県内にとどまらず全国各地の民謡の全国大会に出場し、各賞を受賞している。

 同舟唄大会は2回目の出場。昨年は予選通過を逃したため、「優勝を目指して練習してきた」。主宰する民謡教室「かわち会」で生徒に指導する傍ら、車の運転中に歌うなど隙間時間を利用して練習を積んできた。

 「舟唄らしさがある程度つかめて、本番では調子よく歌えた」。挑戦2回目にして見事、総合優勝に輝いた。

 当面の目標は、平成元年から出場している国内最大規模の民謡大会「江差追分(えさしおいわけ)全国大会」=北海道=での優勝。江差追分会には格付けもあり、河内さんは現在「2級秀」を取得している。

 「民謡は私の生きがい。何とか江差追分で優勝できるようにこれからも研さんに励みたい」と話した。

◇9日にテレビ出演

 また、昨年6月に福岡県八女市で開かれた「第34回八女茶山唄日本一大会」でグランプリを受賞したことから、9日午後4時15分にNHK総合テレビで放送される「日本一は誰だ!?民謡グランドチャンピオン決定戦2018」に、妻の小夜子さん(68)と出演する。「ぜひ見てもらって、民謡に興味を持ってもらえたらうれしい」。

その他の記事/過去の記事
page-top