【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本社で職場体験感想文

本紙掲載日:2018-12-07
7面

 延岡市旭中学校2年の中野陽菜実さんが12月4〜6日、夕刊デイリー新聞社本社で職場体験学習を行いました。中学生記者として、「こころのメッセージ」展と「延岡地区人権作品展」を取材するなどしました。中野さんの感想文を紹介します。


◆延岡市旭中学校2年・中野陽菜実

 私が職場体験で夕刊デイリー新聞社を選んだ理由は、将来夢をかなえるために必要である、高いコミュニケーション能力を身に付けやすい職場だと考えたからです。

 職場体験を通して、新聞記者に最も必要なのは「質問をする力」と「コミュニケーション能力」だということを知りました。

 取材をする前、パンフレットを見ながら質問を考えました。記者が最初から質問を考えているとは知らず、驚きました。記者の方に、「もし、このことを友達に説明する場合に必要なことを考えるとよい」と教わったのですが、なかなか思うようにいきませんでした。

 実際に質問してみると、言い方の一つ一つで相手の答え方が変わってくることを知りました。例えば、作品募集の対象年齢について聞きたかったのに、「市の保育園児」の「市」を強調してしまったために、相手を誤解させてしまったことが挙げられます。質問の内容によって記事の内容が変わるので、「質問する力」がいかに大事なのか分かりました。

 質問をする時に、一つ一つの質問をどうつなげたらよいか分からず、話の流れに乗って質問することができませんでした。このことから、「コミュニケーション能力」も記者にとって重要であることを知りました。

 今回、忙しい中職場体験を受け入れてくださった夕刊デイリー新聞社の方々、学校の先生方、3日間弁当を作り、送り迎えしてくれた親に感謝し、夢に向かって努力していきます。

その他の記事/過去の記事
page-top