【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大相撲延岡場所−話題

本紙掲載日:2018-12-08
2面

◆十両目指す琴恵光の元付け人の琴太豪

 琴恵光関が平成26年11月に十両入りを果たして延岡に凱旋(がいせん)した際の付け人だった琴太豪(大分県日田市出身)。延岡場所の土俵では、十両力士の極芯道を相手に勝ち星を挙げた=写真=。

 9月場所は東幕下20枚目で6勝1敗、11月(九州)場所は西幕下7枚目で5勝2敗と連続勝ち越し。十両昇進の可能性も見えてきた。

 当時は110キロ台後半だったが、けがも克服して現在は体重も「20キロ近く増えました」。延岡場所の前日は地元大分の別府場所で声援を受けた。この延岡でも「地元に近い声援をもらいました」と笑顔。

 佐渡ケ嶽部屋は十両の琴恵光関と琴勇輝関の再入幕の可能性が高まり雰囲気はとても良いという。琴太豪自身も「何度かチャンスを逃しているので、このまま次も勝ち越して、関取になれるよう頑張りたい」と意欲をみせていた。


◆東関部屋の白虎は勝星

 延岡市での合宿が10年目を数えた東関部屋(東関大五郎親方)からは、合宿に参加している全力士9人が出場した。

 このうち、同部屋筆頭の白虎(東幕下29枚目)は、昨年の延岡合宿に高砂一門として参加した八角部屋の池川(西幕下20枚目)と対戦。183センチ、体重131キロの白虎よりも身長で10センチ、体重で30キロ上回る相手に、上手出し投げで勝利した=写真=。

 合宿と巡業の地が同じだったことで勢いがあり、「いい形でもっていけた」と振り返った。

 今や冬の延岡に欠かせなくなった東関部屋の合宿は10日まで。「けがをしないように心掛けて、さらに力を付け、1月の初場所でもいい結果を残したい」と意気込みを語った。

その他の記事/過去の記事
page-top