【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

牧水・未発表の掛け軸など201点

本紙掲載日:2018-12-10
1面
寄贈された若山牧水の未発表掛け軸(県立図書館)

小林氏の遺族−県立図書館に寄贈

◆12月11日から展示

 郷土の歌人・若山牧水が残した未発表の掛け軸を含む牧水関連の作品201点が県立図書館に寄贈され、12月10日同館が記者発表した。遺墨などを長年収集し、今年5月に逝去した宮崎市清武町の故小林邦雄氏(享年80)の遺族から寄せられた。

 未発表の掛け軸は「降ればかくれ曇ればひそみ晴れて照るかの太陽をこころとはせよ大馬鹿に奈る法を詠めと言はれて」。大正11年ごろの作とみられるという。

 もともとの所有者は不明だが、24年前に牧水の長男の故旅人氏が買い戻そうとしたことが分かっている。

 掛け軸が収められていた木箱の箱書きには「これは牧水の全集にも、また全歌集にも日記にものこされておらず未発表のままうづもれて居たこの世に一首のみと云う貴重な一首である(中略)まさに稀品として遇すべき眞筆と云わねばならぬ一軸である」と記されている

 同館の伊藤一彦名誉館長も、「隠れ潜んでいる時も太陽は輝くという、自然体の生き方を込めた自分に対するメッセージと読める。大変いい歌で代表歌に入れていい歌だと思う」と評価した。

 故小林氏は「牧水の遺墨が散逸するのは忍びがたい」と、約30年間にわたり掛け軸や色紙、短冊、書類、雑誌などを収集・保存。生前から公的機関に寄贈したいと希望していたという。

 長男剛さん(46)=横浜市=は「亡父は宮崎が大好きで、中でも牧水に心酔し、収集に情熱を注いできた。遺志をしっかりとくみ取って、県民の皆さまに広く鑑賞、閲覧していただく機会を永続的に設けていただきたい」とコメントした。

 同館は12月11日から来年1月20日まで、2階特別展示室で「小林邦雄コレクション〜若山牧水遺作展」を開催する。

その他の記事/過去の記事
page-top