【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ミャンマーで商談会

本紙掲載日:2018-12-10
4面
マンダレー市内のホテルで開かれたノベオカフェセミナー(延岡市提供)
代理店契約に調印した清本鐵工の清本英男会長(右)と現地企業の代表者(延岡市提供)

県北企業がプレゼン

◆2回目のノベオカフェセミナー

 延岡市と交流が進むミャンマーでこのほど、同国とのビジネス連携に関心のある県北企業と現地企業との商談会「ノベオカフェセミナー」があった。

 ミャンマー第2の都市マンダレーにある延岡市の交流・情報発信拠点「ノベオカフェ」の運営団体MABAが主催した。今年2月に続いて2回目。延岡・ミャンマー友好会(会長・清本英男延岡商工会議所会頭)の会員ら19人が参加した。

 市工業振興課によると、セミナーでは、ごみ処理や上下水道施設の維持管理などを手掛ける日向衛生公社など4社がプレゼンテーションを行い、「ミャンマーの課題解決に自社のノウハウを生かすことがあれば協力したい」などと述べた。現地企業と個別の商談も行われた。

 これに先立ち、ノベオカフェ開設を記念して延岡・ミャンマー友好会から同国に贈られた真空フライアーについて、製造元の清本鐵工と現地企業との間で代理店契約に関する協定の締結式も行われた。今後、量産型の機械を設置する可能性もあるという。

 延岡市からの参加者は、セミナーに合わせてマンダレー市の市長を表敬訪問した。市長は一行を歓迎し、「ビジネスをどう始めるかという点についてノウハウが欲しい。環境に優しいビジネスモデルが必要」「ミャンマーで日本の番組が放送されることがある。延岡に関する番組があればマンダレーでも放送したい」などと述べたという。

 延岡市とミャンマーは、平成26年1月に同市の企業経営者が同国を訪ねたのを機に交流が始まった。国際協力機構(JICA)が設立したミャンマー日本人材開発センターの研修生が同市でホームステイしたり、一昨年11月にはノベオカフェがオープンするなど交流が深まっている。

その他の記事/過去の記事
page-top