【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最優秀審判に中田さん

本紙掲載日:2018-12-11
9面
夕刊デイリー新聞社賞が贈られた中田稲生さん

日向地区軟連が納会

 日向地区軟式野球連盟(遠山秀樹会長、森田廣行理事長)の平成30年度納会は8日、同市都町の大乃屋で開かれ、連盟に所属する学童、中学、一般各チームの関係者や審判員など約60人が出席し、今年一年間を振り返りながら、互いの労をねぎらった。

 連盟の推薦で決まる審判員表彰では、最優秀審判員に当たる夕刊デイリー新聞社賞に中田稲生さん(71)=同市大王町=が選ばれた。

 中田さんは審判員歴38年。今年で審判長を務めて10年目を迎えたほか、同連盟理事として、一般、中学、学童各種大会の審判を通じ、常に率先して野球技術の指導育成に尽力。今年は宮崎市での全国大会を含め50試合以上でジャッジを務めた。

 体力維持のために週4、5回、大王谷陸上競技場の外周を1時間前後かけて10〜15周走るトレーニングを二十数年続けているという。

 夕刊デイリー新聞社賞は1993(平成5)年、同12年に続いて3度目。「とても光栄なこと。多くの皆さんの協力のおかげ。ミスジャッジをしないことと、常に公正な判定ができるように心掛けています」と振り返る。

 表彰状を受け取った中田さんは、来年が年男。「体力の続く限りトレーニングを重ねながら、審判員を続けていきます。また、40、50歳代の人を引き込んで使命である後継者育成にも力を入れたい」と意欲的に話した。

その他の記事/過去の記事
page-top