【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「桜マーケット」大盛況

本紙掲載日:2018-12-12
2面
延岡商業高校生が販売実習した「桜マーケット」
初のコラボ商品「キンカモーレ」を企画した4人

生徒が販売実習−延岡商業高

 延岡商業高校の販売実習「桜マーケット」が9日、延岡市桜ケ丘の同校であった。生徒らが協賛企業の軽食や雑貨を販売。振る舞いや子ども向けのイベントなども企画し、来場者をもてなした。

 これまで文化祭「桜華祭」の一つとして地元商店街で行ってきた販売実習だったが、昨年度から切り離して「桜マーケット」として開催している。

 今年度は「ドキドキ・ワクワクのハピネスをあなたへ!」がテーマ。同校卒業生が経営する飲食店や雑貨店など10社が協賛企業として参加し、生徒らは事前に経営者から「地元でビジネスすることの思い」を聞いた上で販売実習に臨んだ。

 1年生は協賛企業の商品、2、3年生は各チームが仕入れた企業の商品をブースに並べて販売。大きな声で客を呼び込み、商品の魅力をPRした。

 このほか、進学先の短期大学や専門学校が設けたワークショップ、ぶどうカンパチやぜんざいの振る舞いなどを実施。子ども向けにはアトラクションコーナーやキッズスペースを設けた。

 生徒会長の椎原夢翔さん(2年)は「『ありがとう』や『おいしかった』などと声を掛けられるとうれしい。訪れた方が市内外に伝えてもらえれば、延岡商業の魅力も増していく」と話した。

◆キンカモーレ大人気−虎屋との初のコラボ商品

 同校のチャレンジショップ「和(なごみ)」は、同市幸町の菓子店・虎屋との初コラボ商品「キンカモーレ」を桜マーケットで初出品。来場者から人気を集め、限定200個の商品が次々と売れた。

 キンカモーレは、キンカンピューレとバタークリームをクッキーサブレではさみ、ホワイトチョコでコーティングしたスイーツ。33HRの松下望月さん、竹内千裕さん、後藤咲希さん、宮本杏紗さんが担当した。

 4人は4月から企画会議を始めた。幾つかの商品案を提示したが、虎屋から「もっと延岡商業らしさを」とのアドバイスを受けて再考。キンカンピューレで高校生活の甘酸っぱさを表現した。

 桜マーケットでは、体育館の入り口近くにブースを設けた。販売を開始すると10個以上まとめ買いしていく客もいて、反応は上々。昼ごろには残りわずかとなっていた。

 後藤さんは「おいしく出来上がって、作ってよかった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top