【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(8)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2018-12-12
8面

【平成4年7〜12月】
◇サークル地層保存へ
門川町の道路工事現場から見つかった同心円模様の地層が保存されることになった(7月4日付)。樹脂で固定して掘り出し、展示することにした。

◇杉の枝枯れ広がる
県北地方で急激に杉の枝枯れが進む「黒点枝枯病」が発生していることが分かった(7月4日付)。北方町で採取したサンプルを熊本県の森林総合研究所に送り、原因を調査していた。

◇さわやかライナー出発
JR日豊線の高速化1次工事が終わり、第1号列車「さわやかライナー」が延岡駅から出発した(7月15日付)。高速化により、延岡−宮崎間が特急列車で最高10分短縮された。

◇トンネルで夜市
高千穂バイパスの部分開通を祝う高千穂トンネル夜市が開かれ、全長約420メートルのトンネル内は1万人を超す人で身動きできないほどのにぎわいとなった(7月20日付)

◇上杉氏が2選果たす
参院選が行われ、宮崎県選挙区は自民党前職の上杉光弘氏が2選を果たした(7月27日付)。新人2人に大差をつけた。投票率は54・50%で国政選挙で過去最低となった。

◇延岡工、甲子園へ
夏の甲子園県予選で延岡工業高校が優勝、5年ぶり2度目の出場を決めた(7月27日付)。甲子園1回戦は郡山(福島)を延長11回、2−1のサヨナラで下した(8月11日付)。2回戦は日大山形(山形)に2−12で敗れた(8月20日付)

◇全国高校総体が開幕
全国高等学校総合体育大会が開幕した(8月1日付)。宮崎市の県総合運動公園で開会式があり、秋篠宮さま・紀子さまご夫妻がお言葉を述べられた。大会は17日間に渡り、県内64会場で26競技が行われた。

◇ホオジロザメ捕獲
延岡市安井町沖の底引き網に全長約4メートルのホオジロザメが入った(8月6日付)。瀬戸内海で貝漁をしていた潜水作業員が襲われるなど、県北近海でもサメの出没が心配されていた。

◇森下選手が銀メダル
バルセロナ五輪の男子マラソンが行われ、旭化成の森下広一選手が銀メダルを獲得した。谷口浩美選手(旭化成)は給水所で転倒、8位に終わった(8月10日付)。帰国後は延岡市内でパレードが行われた(8月14日付)

◇日向工ソフト準優勝
全国高校総体のソフトボール男子で日向工業が準優勝した(8月11日付)。全国制覇はならなかったが、地元応援団の声援が快進撃を支えた。

◇夕刊ポケット廃刊
延岡市を中心に夕刊紙を発行した夕刊ポケット新聞が廃刊することになった(8月22日付)。昭和22年に創刊、「ポケット」の名で読者に親しまれた。8月31日付が最終号となった。

◇学校週5日制始まる
学校週5日制がスタートし、初めての休みとなった土曜日は各地から子どもたちの遊ぶ声が聞こえた(9月12日付)。一方、土曜日の運動会には保護者から反対の声があがった。

◇延岡で1億円
サマージャンボ宝くじの1等6000万円の当たりくじが延岡市から出た。前後賞合わせて1億円だった(9月19日付)

◇終戦直後の延岡
終戦直後、進駐軍の兵士として延岡市に滞在した米国人夫妻が来延した(10月15日付)。当時撮影した市街地の写真27枚を持参。写真に写っていた人も東京から駆け付け、再会を喜び合った。

◇うさぎ橋が完成
北方町が五ケ瀬川に建設していたつり橋「うさぎ橋」が完成し、開通式があった(10月16日付)。川水流と対岸の中山地区を結んだ。

◇「県北圏」外れる
県は地方拠点都市の第1次指定候補を「都城・北諸地域」と決めた(11月11日付)。県北地域は中核となる圏域が広すぎ、拠点都市としてのまとまりを欠くなどの理由から後回しとなった。

◇現代の名工に廣島さん
国が卓越した技能者を指定する「現代の名工」に日之影町八戸の竹細工職人廣島一夫さんが選ばれ、東京で表彰式があった(11月11日付)。県北で2人目だった。

◇北浦町で竜巻発生
北浦町で竜巻が発生し、係留中の漁船が転覆するなどの被害があった(11月16日付)。定置網が風で巻き上げられる様子が撮影されていた(11月20日付)

◇大型高速フェリー就航
マリンエキスプレスの大型高速フェリー「パシフィックエキスプレス」が日向−川崎間の京浜航路に就航した(11月21日付)。最大速力27・7ノットで当時国内最高だった。

◇通学かばんが変わる
延岡市の東海中学校が、それまでの「肩掛け式雑のう」の通学用かばんをリュックサックタイプの「背負い式」に変更することを決めた(12月10日付)。同市内で初の試みだった。

◇これが「学びの森」
五ケ瀬町三ケ所の高千穂高校五ケ瀬分校跡地に平成6年春開校する県立中高一貫学校「フォレストピア学びの森学校」の基本設計がまとまり、県が発表した(12月15日付)

◇LSI工場完成
旭化成がレーヨン工場敷地内に建設していたLSI工場が完成した(12月19日付)。年明けに製造機器類の搬入を終え、3月に試運転を行うなど稼働に向けた準備が大詰めを迎えた。

◇リニア新車両搬入
リニアモーターカーの新車両「MLU002N」が日向市細島港に到着、美々津の浮上式鉄道宮崎実験センターに搬入された(12月21日付)。旧車両は前年10月に火災で焼失していた。

◇日豊線に新鋭「つばめ」
JR日豊線に「つばめ」型特急が投入されることになり、試運転が始まった(12月23日付)。翌年春のダイヤ改正から延岡−博多間の在来特急は12往復となった。
(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top