【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「コミュニケーションと感謝を」

本紙掲載日:2018-12-12
9面
約50人が参加した延岡市出身女子日本代表主将・原選手(前列中央)の講習会
原選手が見守る中、練習する小中学生
みんなでコミュニケーションを取りながら楽しむ内容だった

ハンド女子日本代表主将・原選手

◆母校で後輩たちに講習会

 ハンドボール女子日本代表主将でエースも務める原希美選手は11日、母校の延岡市延岡中学校でハンドボール講習会を行った。後輩の延岡中ハンドボール部や延岡東ハンドボールクラブの小中学生ら約50人が参加。原選手はコミュニケーションと感謝を強調していた。(関連記事3面)

 市教育委員会の平成30年度チームのべおか小中高連携アスリート育成事業の一環。市ハンドボール協会が主管した。

 延岡で原選手が参加する講習会が開かれるのは今年2月、所属する三重バイオレットアイリスが実施して以来。今回は原選手が1人で講師を務めた。

 小学生低学年から中学生までが楽しめる約1時間の内容。ハンドボールの基礎となる動きに、じゃんけんなどゲームを組み合わせ、速い判断力を養うメニューが多かった。

 原選手は途中、「自分だけじゃなくて、みんなを盛り上げて」などと声を掛けていた。

 練習後、原選手は「ハンドボールは一人でやるスポーツじゃない。練習も試合も常に仲間のことを思ってコミュニケーションを取ってほしい。そして、ハンドボールができることに感謝を」と呼び掛け。来冬の世界選手権、2020東京五輪へ「みんなの目標となれるようもっともっと頑張る」と誓った。

 延岡東ハンドボールクラブ女子主将の上杉夢空さん(6年)は「すごくかっこいい先輩から、コミュニケーションと感謝の大切さを教えてもらった。コミュニケーションを取ってチーム力を上げて、九州制覇したい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top