【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

肉用牛・改良、増頭目指し研修会

本紙掲載日:2018-12-17
2面
功労者や最高価格販売者に藤本組合長から表彰状と副賞が贈られた
東臼杵郡市畜連の研修会

東臼杵郡市畜連

 東臼杵郡市畜連(藤本隆康代表理事)の第20回肉用牛改良増頭研修会がこのほど、延岡市櫛津町の延岡家畜市場で畜産農家や関係者など約300人が参加して行われた。表彰行事があったほか、肉用牛の育て方について講演を聞いた。

 東臼杵郡市肉用牛改良協議会の加行保男会長が開会のあいさつ。国産牛肉や県産牛肉を取り巻く世界の情勢を説明し、「来年は厳しいと思いますが、それに負けないように東臼杵の牛をつくっていかねばなりません。体を第一に、来年もまた良い年にするために、皆さまと一緒に頑張っていきたい」と呼び掛けた。

 藤本代表理事は「管内肉用牛の増頭、改良を強力に進めていきたい。県畜連の会議でも方向性が示されたところで、向こう5年間の詳細をこれから詰めていきます。すべては農家の所得向上と農業振興に向けて、さらなる努力を重ねたい」と述べた。

 江藤拓衆院議員の妻順子さんと渡邊幸一東臼杵農林振興局長による来賓祝辞に続き、表彰行事があった。

 平成30年度の功労者として花田友雄さん(椎葉村下福良)、中島正剛さん(延岡市北方町)、浜田文啓さん(同市長浜町)、安藤錠市さん(同市北川町)、平成29年度子牛最高価格販売者の藤本忠光さん(諸塚村)と横山一則さん(延岡市)に藤本組合長から表彰状と記念品が贈られた。

 また、第10回県肉畜共進会肉豚枝肉部門で団体優勝した、日向・延岡農協肉豚部会に特別賞が贈られ、健闘がたたえられた。

 研修会では家畜改良事業団の吉牟田健一検定部長が「宮崎牛の改良と最新種雄牛情報」、東臼杵郡市南部普及センターの興梠貴子副主幹が「宮崎牛の魅力と生産性向上への取り組みポイント」をテーマに講演。参加者はメモや写真を撮りながら、より良い肉用牛を生産するためのヒントを探った。

その他の記事/過去の記事
page-top