【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

今村さん(旭珠友会)が九州大会で優勝

本紙掲載日:2018-12-18
6面
全九州珠算選手権大会のフラッシュ暗算競技高校一般の部で優勝した今村聡師さん

フラッシュ暗算高校一般の部

◆副島さん(新一ケ岡珠算塾)は小学校で2位

 第37回全九州珠算選手権大会(全国珠算教育連盟九州地方連合会主催)が11月、佐賀県唐津市で開かれた。延岡市の旭珠友会講師の今村聡師さん(36)がフラッシュ暗算競技の高校一般の部で優勝、同部門の読上暗算と読上算で2位に入った。今村さんは「優勝は手が届かないと思っていた。うれしい」と喜んでいる。また、県北地区関係では、同市の新一ケ岡珠算塾の副島菜桜さんが、フラッシュ暗算競技小学校の部で2位に入った。

 大会には九州各地から小学校の部145人、中学校の部96人、高校一般の部49人が出場。個人団体総合、フラッシュ暗算、読上暗算、読上算の競技が行われた。

 フラッシュ暗算競技高校一般の部は、規定時間内に10個表示される3桁の数の合計を計算する競技。だんだんと時間を短くして、正答者だけ勝ち残る形式で行われた。今村さんは1・2秒内に10個表示された問題に唯一答えて優勝した。

 「前の方に座っていたので、自分では他の出場者の状況が分からず、周りからの拍手で優勝したことに気付いた。優勝しちゃったという感じ」と、笑顔で振り返った。

 今村さんは3年前、旭珠友会(中川原町)の開設者だった父の嘉之さんが亡くなったことから帰郷。現在、教室9会場のうち3カ所で約100人を指導している。嘉之さんから教わったスタイルに加えて「前向きな空気感の中で指導する」ことを意識し、子どもの成長や活躍を見るのがうれしいという。

 また、その子どもたちに、より刺激を与えたいと大会出場や段位取得などにも積極的に挑戦中。昨年、フラッシュ暗算検定で最高位の10段に県内で初めて合格した。小中学生の頃に比べて「脳が疲れやすい」と話すが、これまで解けなかった問題も解けるようになるなど「まだ伸びると感じている」という。

 その実感を小学校以来の九州大会優勝で示した。今後について、今村さんは「全国大会での入賞経験はないので何らかの形で賞に食らい付きたい。九州大会も連覇したい」と、強い意欲を見せた。

その他の記事/過去の記事
page-top