【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

各地で餅つき−延岡青朋高校

本紙掲載日:2018-12-22
6面
青朋高校の生徒や教員が、しろやま支援学校の児童と一緒に餅をついた

通信制と定時制と支援学校

◆「一緒だと楽しいね」

 延岡青朋高校(小田史郎校長)通信制課程の生徒たちは20日、延岡市平原町の同校で、田植えから収穫まで携わった米を使って餅つきをした。今回は初めて、定時制課程の生徒や同市野地町のしろやま支援学校から小学1年生を招いて一緒につき、交流を深めた。

 通信制課程の社会体験活動「チャレンジスクール」の一環。40人以上が参加し、約60キロのもち米を使った。

 歌を歌ったり掛け声を掛けたりしながらテンポ良く、楽しくきねを振った。
同時進行で赤飯や豚汁も調理。完成後には、白餅とあんこ入りなど出来たてを堪能した。

 通信制課程の日皸住劼気鵝複隠検砲蓮嶌Gは参加者が多くて盛り上がった。同じ学校だけど定時制の生徒と交流する機会があまりないので、すごく楽しい」、定時制課程の武廣憲知さん(17)も「触れ合うことで学校に活力が生まれるし、地域の方々へのPRにもつながると思う」と感想。

 生徒が楽しそうに過ごす姿に同高校の川畑寛記教諭は「両課程の生徒が顔を合わせる機会はあまりないが、自然に交流できている」と笑顔。支援学校の盒業百教諭は「児童がいろんな人との関わりを積極的に持ち、自分の気持ちを伝える力を育んでいきたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top