【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

談話室−更生保護の啓発活動に理解を

本紙掲載日:2018-12-25
2面
(左から)宮原所長、松会長、佐藤和好延岡地区保護司会広報部会長

宮崎保護観察所と保護司会

 「犯罪が生まれないような土壌をつくっていくことが大事」と話すのは、宮崎保護観察所の宮原義文所長。犯罪や非行をした人の立ち直りを支えるために、地域の大人との関わりや「社会を明るくする運動作文コンテスト」といった更生保護の啓発活動の重要性について話した。

 保護司は、こうした立ち直りを支え、保護監察、生活環境の調整、犯罪予防活動などを行っている民間のボランティア。僧職、元教員、会社員だけでなく「最近は主婦の人も多い」(宮原所長)という。ただし、現在県内での定数に対する充足率は90%を下回っており、保護司の確保も課題の一つ。

 また、さまざまな立場の少年らに「兄や姉」のような立場で接するボランティア団体「BBS(ビッグ・ブラザーズ・シスターズ・ムーブメント)会」の県内会員も減少しており、延岡地区保護司会の松哲也会長は「非行防止、予防活動を進めたいが会員がなかなか増えない」と話す。

 また、保護司会では、保護司への理解や関心を深めてもらう活動などにも取り組んでいるという。

その他の記事/過去の記事
page-top