【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

心一つに吹奏楽−聖心ウルスラ学園高

本紙掲載日:2018-12-25
7面
聖心ウルスラ学園高校吹奏楽部の第14回定期演奏会

Xマスメドレーなど楽しく演奏

 延岡市緑ケ丘の聖心ウルスラ学園高校(佐々木逸夫校長)吹奏楽部(鈴木麻未・飯干舞・山澤裕子顧問、三樹真央部長、13人)は22日、同市の野口記念館で第14回定期演奏会を開いた。併設の聡明中学校生3人と高校生10人がクラシック、アンサンブル、ポップスステージで日頃の練習の成果を発表した。

 「エバー・グリーン序曲」を最初に、広く知られた「白鳥の湖」のブラスロックバージョンや今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」のメーンテーマ曲を演奏。アンサンブルステージでは、息の合った打楽器4重奏、管楽器6重奏を披露した。

 ポップスステージでは、「赤鼻のトナカイ」「あわてんぼうのサンタクロース」などのクリスマスメドレー、おなじみの「ラジオ体操第一」、米津玄師作曲「ピースサイン」などを演奏。部員はサンタ帽、トナカイの角の飾り、体育帽、サングラスなどを着けて演奏し、観客もペンライトを振ったり手拍子を打ったりして一緒に音楽を楽しんだ。

 また、翌日のアンサンブルコンテストで引退する高校3年生3人の紹介もあった。鈴木顧問が「へこたれない強さがある。部の音楽を支えてくれた」「吹奏楽を一番愛している。部のことを一番考えて行動してくれた」「マルチプレーヤー。元気は一番ある。部をまとめてくれた」とたたえると、部員が少ない中でも部を支え、盛り上げてきた3人に観客から温かい拍手が送られた。

その他の記事/過去の記事
page-top