【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成30年を振り返る−日向市

本紙掲載日:2018-12-27
3面
テープカットで祝った日向市新庁舎の開庁式(5月1日)
財光寺の切島山2区に完成した市内初の避難山「ひなたやま」(10月7日)

キャリア教育で大臣表彰

◆新庁舎開庁、避難山が完成

 キャリア教育を積極的に活用する大王谷学園が「第11回キャリア教育優良学校」として文部科学大臣表彰を受けた。また、財光寺の南日本ハムの食育活動の取り組みが「第8回キャリア教育アワード」で大企業の部の優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞。東京で1月11日開かれた「キャリア教育推進連携シンポジウム」でそれぞれ表彰された。

 女子野球のナショナルチーム、侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」の短期強化合宿が2月23日から大王谷運動公園野球場で初めて行われた。合宿効果もあり、第8回WBSC女子野球ワールドカップ(8月に米国フロリダ州で開催)で大会6連覇を果たした。

 市立東郷病院に4月1日から外科医が着任、診療体制が整ったことから、入院診療と休日時間外の急患対応も再開された。

 日向市新庁舎(地上4階建て)の開庁式が5月1日の業務前に行われ、市や市議会、工事関係者、来賓ら約140人が出席し、テープカットなどで祝った。現在、駐車場の整備などが行われており、来年3月24日にグランドオープンする。

 国内外でコールセンター事業を手掛けるテレネット(本社東京)の「日向コンタクトセンター」の開所式が5月7日、幸脇小跡地で行われた。保育園を併設したコールセンターで、5カ年で125人の雇用を行う計画。

 米国ハワイ州ホノルルで開かれた「第39回まつりインハワイ」(6月8〜10日)に市の無形民俗文化財でもある日向ひょっとこ踊りの市民交流団(松葉藤吉団長ら30人)を派遣し、国際交流を図った。

 創業に挑戦する人の支援や地元企業の異業種交流マッチングを目的に、市ITセンター1階に市しごと創生拠点が6月26日に開所。市産業支援センター「ひむかBiz」も併せて移転した。

 豊かな海岸資源を活用した新たなビーチレジャーの展開を目的に、日向ビーチスポーツフェスタが7月8日開かれた。雨の影響でサンドーム日向に会場を移し、約300人がトップアスリートの指導で5種目を体験した。

 市などが出資する第三セクター日向青果地方卸売市場は7月31日、市場の卸売り業務を8月31日で休止し、11月30日をもって閉鎖・廃止することを発表。20年の歴史に幕を閉じた。

 同市東郷町出身の歌人若山牧水の没後90年記念事業が9月16日に行われ、「牧水歌碑祭」ほか、「牧水をうたう」と題した合唱団の発表や短歌オペラ「海の声」の上演が行われた。

 世界トップレベルの国際女子サーフィン大会が10月19〜21日にお倉ケ浜海岸で行われ、13カ国から52人がエントリー。世界トップレベルの技で市民を魅了した。

 財光寺の切島山2区で整備を進めてきた避難山「ひなたやま」が完成し、10月7日に完成式が行われた。財光寺に同17日開業した小児科医院に委託し、県北初の病児保育事業がスタートした。

 国の文化審議会は11月16日、細島灯台などを国有文化財に登録するよう文科相に答申。正式登録は来年3月ごろの見通し。市は同17日、同市出身で日米通算2000本安打を達成した東京ヤクルトスワローズの青木宣親選手に2度目の市民栄誉賞となる「市民栄誉賞・特別賞」を贈った。

 市議会は12月21日、議員定数を現行の「22」から「20」に削減する条例の一部改正案を可決。来年4月の次期市議選から適用する。国に申請していた「日向市地域特産物リキュール特区」が同20日に認定された。酒類の製造免許取得に必要な条件が緩和され、へべすなど地元産の農産物を使った新たな特産品の開発などが期待される。

その他の記事/過去の記事
page-top