【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2018歳末点描−そば打ちに大忙し

本紙掲載日:2018-12-30
1面
良い年を迎えられますようにと思いを込めてそばを打つ甲斐さん=12月30日午前、延岡市栄町の石臼挽き高千穂そば田舎屋

大みそかを前にそば店−延岡

 大みそかに欠かせない年越しそば。延岡市栄町の石臼挽(ひ)き高千穂そば田舎屋では、12月30日朝から二代目店主の甲斐健泰さん(38)が、そば打ち作業に精を出している。

 石臼でひいた国産のそば粉だけを使い、水を加え、丁寧にこねる。こね上がったら、数種類の棒を使って延ばし、幾重にも重ねて細く切る。作るのは1回に約20人前。力と集中力がいるこの作業を何度も黙々と繰り返す。

 同店は、十割そばに、だしは枕崎産かつお節と北海道産昆布を使ったこだわりの味が人気。31日までに、予約と来客分を含めて約500食を用意するという。

 「淡々と作業をこなすのではなく、皆さんが良い年を迎えられますようにと思いを込めて打っています」と甲斐さん。31日は午前8時から持ち帰り用を販売する。

 年越しにそばを食べるのは、細くて長いそばのように健康長寿や家運長命を願ったことが由来という。

その他の記事/過去の記事
page-top