【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2月23、24日−このはなウォーク

本紙掲載日:2019-01-17
1面
このはなウォークの会場となる五ケ瀬川右岸堤防。菜の花は例年より2週間早く咲き始め、桜はちらほら開花(1月17日午前)
概要を発表する谷平実行委員長(中央)ら

延岡花物語

◆オープニングは本東寺の観梅会

 延岡市の一大観光イベント「延岡花物語2019」は、2月10、11日の本東寺慧日梅(えにちばい)観梅会でオープニングを飾り、メーンの「このはなウォーク」は2月23、24日、ワイワイ花物語は3月22日〜4月7日にそれぞれ開催される。1月17日、延岡花物語実行委員会(実行委員長・谷平興二延岡観光協会代表理事)が延岡市役所で会見し発表した。

 早春に咲く梅、菜の花、桜、ツバキと一緒にステージショーやグルメを楽しむ平成26年から始まったイベント。昨年はNHK大河ドラマ「西郷どん」放映の効果もあり、6万人超が訪れた。

 全体のイベント期間は2月1日〜4月7日。

 オープニングイベントとなる観梅会は、本東寺境内にある樹齢230年の「慧日梅」の見事な白梅を観賞しながら、野だてなどを楽しむ。延岡史談会による無料ガイドや合計年齢257歳の名人3人による居合、朗詠、尺八の披露がある。

 このはなウォークは五ケ瀬川の松山橋―五ケ瀬大橋間の河川敷が会場。

 会場内には約300本の「天下一ひむか桜(川津桜)」と約100万本の菜の花が咲き誇り、市内の中学生が作製した約3千本の風車も飾る。両岸でステージイベントや展示、グルメなど多彩なプログラムを計画。2月23日はNHK趣味の園芸で講師を務め、〃よせうえ王子〃が愛称の富田英明さんが講演する。

 会場の両岸を行き来できるよう災害時に使用される自衛隊の応急架設橋で結ぶことになっている。

 ワイワイ花物語は期間中の夜、城山城跡の桜をライトアップ。千人殺しの石垣へは県北初となる大型のプロジェクションマッピングも開催し、石垣が崩れるシーンなど迫力ある映像と音楽で夜を演出する。4月6日にはグルメとステージで楽しむ「ワイワイグルメ博」を開く。

 谷平実行委員長は「延岡は工業都市だけでなく、観光都市としても定着してきた。花物語は市民総力戦のイベント。この期間で10万人の来場者を目指したい」と話した。

◆オープニングは本東寺の観梅会

 延岡市の一大観光イベント「延岡花物語2019」は、2月10、11日の本東寺慧日梅(えにちばい)観梅会でオープニングを飾り、メーンの「このはなウォーク」は2月23、24日、ワイワイ花物語は3月22日〜4月7日にそれぞれ開催される。1月17日、延岡花物語実行委員会(実行委員長・谷平興二延岡観光協会代表理事)が延岡市役所で会見し発表した。

 早春に咲く梅、菜の花、桜、ツバキと一緒にステージショーやグルメを楽しむ平成26年から始まったイベント。昨年はNHK大河ドラマ「西郷どん」放映の効果もあり、6万人超が訪れた。

 全体のイベント期間は2月1日〜4月7日。

 オープニングイベントとなる観梅会は、本東寺境内にある樹齢230年の「慧日梅」の見事な白梅を観賞しながら、野だてなどを楽しむ。延岡史談会による無料ガイドや合計年齢257歳の名人3人による居合、朗詠、尺八の披露がある。

 このはなウォークは五ケ瀬川の松山橋―五ケ瀬大橋間の河川敷が会場。

 会場内には約300本の「天下一ひむか桜(川津桜)」と約100万本の菜の花が咲き誇り、市内の中学生が作製した約3千本の風車も飾る。両岸でステージイベントや展示、グルメなど多彩なプログラムを計画。2月23日はNHK趣味の園芸で講師を務め、〃よせうえ王子〃が愛称の富田英明さんが講演する。

 会場の両岸を行き来できるよう災害時に使用される自衛隊の応急架設橋で結ぶことになっている。

 ワイワイ花物語は期間中の夜、城山城跡の桜をライトアップ。千人殺しの石垣へは県北初となる大型のプロジェクションマッピングも開催し、石垣が崩れるシーンなど迫力ある映像と音楽で夜を演出する。4月6日にはグルメとステージで楽しむ「ワイワイグルメ博」を開く。

 谷平実行委員長は「延岡は工業都市だけでなく、観光都市としても定着してきた。花物語は市民総力戦のイベント。この期間で10万人の来場者を目指したい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top