【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

豪華で熱いラグビー教室

本紙掲載日:2019-02-19
8面

延岡市出身堀川さんら日本代表コーチが指導

 2019ラグビーワールドカップ(今年9月開幕、大分など)と2020東京五輪・パラリンピックを前に、日本代表のコーチ2人が指導する超豪華で熱いラグビー教室が17日、延岡市西階陸上競技場であった。立役者は同市・延岡東高出身で、代表アシスタントコーチの堀川隆延さん。トップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロの監督も務める堀川さんが、高校の先輩で元代表選手の松尾勝博さん(駿河台大監督)、代表スクラムコーチの長谷川慎さんらに呼び掛けて実現した。堀川さんの一問一答、教室の様子を紹介する。

 教室には市内の小学校から高校生までのラガーマン94人と指導者15人が参加。開講式では講師陣があいさつ。長谷川さんが「(東山)高校時代、ここで延岡東高ときつい合同合宿をした。なので、高校生を指導します」と笑わせてはじまった。

 小、中学生には堀川さんが監督を務めるヤマハ発動機ジュビロの選手たちが指導。高校生は長谷川さんが、堀川さんと松尾さんは全体を巡回した。

 小学生はトップリーガーや松尾さんと触れ合いながら、ラグビーを楽しんだ。

 中学生にタックルを指導していた堀川さん。一人ずつ挑む中学生に、「戦うのはだれだ」と声かけ。「みんな」と答えさせると、「一人のプレーを全員で見て、指摘し合うように」と教えた。
また、日本代表も取り入れているというテニスボールを使ったパス回しの練習も体験。有名選手を引き合いに、「視野を確保し、手前でキャッチすることで、早くいい判断ができる」と基本の重要性を強調していた。

 日本人が世界で戦うための体の使い方を突き詰める長谷川さんは高校生を相手に。密集での動き方、体の使い方など最新の理論を、惜しげなく披露、指導した。

 国内屈指と評されるスクラムの指導では、「首を上げて、肩を落とす。背中を張れ」と具体的なアドバイス。バックスの選手にも体験させて「前がどれだけきついことをやっているか分かってほしい」と呼び掛けた。

 延岡工高2年の上田晃舜君は「フォワードの練習中心だったが、自分たちバックスも接点で後ろに下がらずにタックルに行くことなどが分かった。貴重な経験で得たスキルを生かし、高鍋を倒したい」と多くのものを得た様子だった。

 多くの参加者へ、精力的に声を掛けていた松尾さんは「まず、環境が素晴らしく、(地元の)指導者も熱心で、子供たちも積極的で楽しい教室になった。タグラグビーなど、初体験の子供が参加できる機会で、競技人口を増やすこと。そのために要望があれば、協力したい」と話していた。

 教室は、延岡市がW杯や五輪・パラリンピックの機運を盛り上げ、子供たちの思い出に残るようにと主催。ヤマハ発動機が賛同し実現した。


◆〃念願〃の教室実現「毎年継続していければ」−W杯目標は8強

−−今回の教室実現の経緯を教えてください。

延岡の子供たちにラグビーを指導する機会をずっとやりたいと思っていました。チームの選手はもちろん、あこがれの先輩、選手だった松尾さん。高校時代に、この西階で一緒に合宿をしていた東山高(京都)出身の長谷川さん。同じ延岡という縁を持つ人たちを誘って必ずやりたいと思っていました。念願ですね。

−−予定の2時間を超す熱い指導でした。

とにかくラグビーを楽しむことを伝えたかった。指導者は選手が何をやりたいかを引き出すことを心掛けること。こちらもエネルギーをもらえる2時間でした。
なぜ、ニュージーランドが世界一なのか。彼らが小学校の年代から、基本を大事にし続けているから。基本には理由があり、指導者が理解させてあげれば、選手はやります。今回もオールブラックスや、日本代表がやっている練習と言えば、子供たちの表情は変わった。当たり前のことを当たり前にする重要性を伝えたかった。

−−日本代表アシスタントコーチの役割と、就任の経緯を教えてください。

日本代表のアタック(攻撃)を構築することと、バックスのスキルレベルをアップさせること。この二つが大きな仕事です。
2016年9月にジェイミー・ジョセフがヘッドコーチ(HC・監督)に就任しました。翌年、ジェイミーはヤマハの練習場におそらく、スクラムの指導で有名な長谷川さんを誘いに来ました。そこがきっかけだと思います。
それから次世代の代表選手を発掘、育成するNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)のHCとなり今年1月、ジェイミーから『一緒にやってみないか』ということで、代表のアシスタントコーチになりました。

−−HCを務めていたヤマハでは今季から、清宮克幸監督の後を継ぎ通算3度目の監督就任。代表コーチとの兼任になります。

今季はW杯のため、トップリーグは開催されません。そのため代表に多くの時間を割けます。代表は世界のラグビーに触れる貴重な機会で、何より自分を成長させてくれます。日本人のコーチは長谷川さんと2人なので、細部までこだわることなど、日本人が長けている部分を出していきたい、作り上げたいと思っています。
指導者として、ジェイミーと清宮さんはとてもよく似ています。共通しているのは愛です。われわれコーチに対しても、本音での会話を求め、けんかをさせてくれます。チームの結束は、風通し良く、本音で会話をすることの上に成り立っています。ヤマハでは監督ですが、スタッフとは、本音でフラットに話し合い、決断は自分がというスタイルでやっていきます。
ヤマハは、決して素材に恵まれるチームではありません。一人ひとりの強みを引き出し、それを生かしながら、ヤマハにしかできないラグビーを作り上げていきたい。清宮さんとスタイルを作り上げてきたが、日本一には届かなかった。それを、『太く、高く、大きく』していきたいと思っています。

−−W杯直前の6月9日から28日、7月7日から24日に、宮崎市で代表合宿があります。宮崎、延岡への思いを教えてください。

W杯を見据えた代表合宿は2月3日からすでにはじまっています。すでに選手たちは、フィジカルで劣る日本が、そこで負けない体を作る厳しい練習を行っています。6月以降もかなりハードな内容になります。
現時点では、3月まで6クールを予定し、15日に2クール目が終わったところで、16、17日が休養日だったので、長谷川さんと2人で来ました。
宮崎での合宿にはぜひ、多くの人に見に来てほしいです。あこがれの選手から見て学ぶことは多いので、肌で感じてください。
前回のW杯は3勝しましたが、予選プールの壁は突破できませんでした。今回はその壁を打ち破り、8強に入ることが最大の目標です。
今回、延岡でせっかくこういう機会を持てたので、継続することが大切です。必ず毎年継続して実施し、各年代のつながりを持っていければと思います。
それにしても、この西階のピッチ(芝)は柔らかく、素晴らしいですね。代表が合宿をする網走(北海道)も国内有数ですが、負けていません。

その他の記事/過去の記事
page-top