【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(23)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-02-21
8面

【平成12年1〜6月】
◇外相会合カウントダウン
九州・沖縄サミットの外相会合を前に、開催日までの残りの日数を表示する残日計の点灯式と参加国の国旗掲揚式が県庁であった(1月6日付)

◇町立病院、移転で決着
日之影町の国民健康保険病院の移転新築が決まった。老朽化に伴い、現在地での改築か移転かで議論が続いていた(1月15日付)

◇男女共同参画都市を宣言
延岡市が県内初の「男女共同参画都市」を宣言した。九州で5番目。「女(ひと)と男(ひと)が輝くまち−のべおか」がキャッチフレーズとなった(1月17日付)

◇機関区との別れ惜しむ
旧南延岡機関区跡地の一般公開があり、鉄道ファンが扇形車庫や転車台との別れを惜しんだ。日豊線の全線開通と同時に設置、前年3月に廃止された(1月18日付)

◇榎木選手が初優勝
別府大分毎日マラソンが行われ、旭化成の榎木和貴選手が2時間10分44秒で初優勝した。マラソン2度目の挑戦だった(2月7日付)

◇長嶋監督も名付け親
宮崎市に建設が進む新県営野球場の愛称が「サンマリンスタジアム宮崎」に決まった。全国から応募があり、プロ野球巨人軍の長嶋茂雄監督も名付け親の1人となった(2月11日付)

◇測候所が無人に
延岡市天神小路の延岡測候所が無人の特別地域気象観測所に移行されることになった。昭和36年6月から業務を行っていた(2月18日付)

◇変造五百円硬貨
JR延岡駅前周辺のたばこの自動販売機から、五百硬貨大の変造硬貨239枚が見つかった。韓国硬貨を変造した窃盗事件が全国で多発していた(2月21日付)

◇1時間に948ミリ?
コンピューターの西暦2000年問題で要注意日とされていた2月29日、県内で誤作動とみられるトラブルが発生した。宮崎地方気象台では、1時間当たりの降水量が948ミリと実際と違う数字になった(2月29日付)

◇水軍の城の謎解明へ
水軍の城といわれる浦尻城の歴史解明に情熱を注いだ延岡市浦城町の島田斉さんの遺族が、城跡で収集した土器や古銭などを市に寄贈した(3月1日付)

◇山本孫春氏が当選
日向市長選挙が行われ、新人で前県議の山本孫春氏が初当選した。再選を目指した現職との差は約400票。投票率69・93%で過去最低となった(3月20日付)

◇原生林に落書き
大崩山登山道の樹木にペンキによる落書きが見つかった。地元の人たちは「マナー以前の問題」と心ない行為に胸を痛めた(3月21日付)

◇宮崎西−清武が開通
東九州自動車道としては県内初となる宮崎西−清武間10・1キロが開通した。施行命令から6年4カ月のスピード開通となった(3月25日付)

◇口蹄疫が発生
宮崎市で和牛10頭が家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に感染した疑いがあると県が発表した(3月27日付)。検査でウイルス感染が確認された。国内で真性の口蹄疫が発生したのは92年ぶりだった(4月5日付)。安全宣言は5月10日。中断していた子牛の競り市も47日ぶりに再開された(5月11日付)

◇無事故でハワイに
県警は、200日間無事故・無違反を達成したチームに、抽選でハワイ旅行などが当たる安全運転チャレンジを行うと発表した。懸賞付きの運動は初めてだった(3月29日付)

◇映画学校犬瞭向ロケ
山田洋次監督の映画「学校検廚了1討、日向市で行われることが決まった(3月31日付)。ロケは5月の4日間行われた(5月26日付)

◇名称は「おやこの森」に
延岡市法人立保育園協議会が、同市山月町に建設していた子育て支援施設が完成、名称は公募で「おやこの森」と決まった(4月1日付)

◇鬼の目杉が森の巨人に
次世代に残すべき国有林内の巨樹・巨木を認定する「森の巨人たち百選」に、北方町の鬼の目山に自生する天然杉「鬼の目杉」が選ばれた(4月5日付)

◇人工ヒジキ礁で初収穫
延岡市須美江町の人工ヒジキ礁で初めての収穫作業があった。市漁協が取り組んだもので、大きいものは長さ1・5メートルもあった(4月8日付)

◇銀メダルを報告
アジア水泳選手権男子1500メートル自由形で銀メダル、同400メートルなどで銅メダルを獲得した延岡東高1年の松田丈志選手が、桜井哲雄市長にメダルを報告した(4月12日付)

◇太平洋・島サミット
日本と南太平洋諸国会議に加盟する16の国・地域の首脳らによる太平洋・島サミットが宮崎市で開かれ、宮崎宣言、環境声明を採択した(4月24日付)

◇オオヤマザクラと断定
五ケ瀬町鞍岡でシンポジウムが開かれ、白岩山で見つかった桜が九州未確認のオオヤマザクラであることが分かった。「キリタチベニオオヤマザクラ」と命名された(5月1日付)

◇石峠レイクランドオープン
西郷村の大内原ダム湖畔に、温泉を活用した滞在型施設「石峠レイクランド」がグランドオープンした。入郷地区の新たなレジャースポットとなった(5月4日付)

◇20年ぶりにカツオ船
延岡市土々呂漁港に20年ぶりというカツオ漁専門の新造船が進水した。浮き漁礁の効果で水揚げが伸びていた(5月9日付)

◇小動物の生態解明へ
河川改修工事が進む北川町の北川流域で、野生小動物の追跡調査が行われることになった。開発で行き場を失った野生動物の行動経路を探る実証実験は、世界初の試みだった(5月13日付)

◇都農−西都間起工
東九州自動車道都農−西都間の起工式が西都市であった。平成9年に施行命令を受けた全国23区間のうち、新設では最初となった(5月31日付)

◇7代目鐘守に矢島さん夫婦
延岡市城山公園の7代目鐘守に矢島茂さん、征子さん夫妻が決まった(6月5日付)。「時の記念日」が初打ちとなった(6月10日付)

◇皇太后さま、ご逝去
昭和天皇とともに波乱の時代を歩んだ皇太后さまが6月16日、老衰のため、お住まいの皇居・吹上大宮御所で逝去された。歴代皇后・皇太后で最長寿の97歳だった(6月17日付)

◇自民、5議席守る
衆院選が行われ、宮崎2区は江藤隆美氏が当選した。前回に続き、比例代表を含む5議席を自民党が独占した(6月26日付)
(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)



その他の記事/過去の記事
page-top