【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

組立橋の自衛隊に感謝

本紙掲載日:2019-02-27
3面
渡河器材小隊長の成合小隊長(右)に感謝の品を贈呈する谷平実行委員長

延岡花物語実行委がセレモニー

 花を生かした観光イベント「延岡花物語」(同実行委員会主催)のメインプログラム「このはなウォーク」で〃活躍〃した応急組立橋が26日までに撤去され、実行委(委員長・谷平興二延岡観光協会長)はけさ、橋を架設した陸上自衛隊都城駐屯地第376施設中隊24人に感謝を伝えるセレモニーを開いた。

 このはなウォークは23、24日、延岡市野地町と松山町の五ケ瀬川両岸河川敷を会場に行われ、組立橋は来場者が右岸と左岸を往来する重要な役目を担った。同隊は災害発生時を想定した訓練を兼ねて4年前から協力している。

 セレモニーは、このはなウォークの会場となった同川左岸で行われ、実行委や同隊員ら関係者約50人が出席。谷平実行委員長は「雨が降ったにもかかわらず2日間で2万人以上が来場し橋を利用した」などとお礼と激励の言葉を伝え、感謝の品を贈呈した。

 隊を代表し成合光治・運用訓練幹部兼渡河器材小隊長(53)が「この訓練をずっと続けていきたいと考えている。来年もしっかりとした橋を架け、自衛隊のことを知ってもらいたい。延岡と自衛隊の懸け橋になりたい」と謝辞を述べた。

 隊員はこの後、自衛隊車両に乗り込み出席者に見送られながら都城に帰っていった。

その他の記事/過去の記事
page-top