【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(24)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-02-27
8面

【平成12年7〜12月】
◇安部選手、世界最高
北海道でサロマ湖100キロウルトラマラソンが行われ、旭化成の安部友恵選手が6時間33分11秒の世界最高をマークして優勝した(7月4日付)

◇オンラインで営農指導
JA高千穂地区が、農家のパソコンとJA本所を電話回線で結んで農業経営を支援する「高千穂アグリネット」をスタートさせることになった(7月5日付)

◇宮崎外相会合始まる
九州・沖縄サミットの外相会合が、宮崎市のシーガイアで始まった。主要8カ国のうち、オルブライト米国務長官が欠席した(7月12日付)

◇ダイエー延岡店を閉鎖
大手スーパーダイエーは、延岡市北小路のハイパーマート延岡店を10月末で閉鎖すると発表した。平成7年11月にオープンしたばかりだった(7月22日付)

◇浦城バイパス開通
延岡市浦城町と須美江町を結ぶ国道388号浦城バイパス(2・5キロ)が開通した。延岡市−北浦町間の所要時間が約30分に短縮された(8月8日付)

◇水深13メートル岸壁が完成
日向市細島港白浜地区の国際ターミナルに、4万トン級の大型船が着岸できる水深13メートル岸壁が完成した。コンテナ取扱量の増加が期待された(8月12日付)

◇延岡学、初戦で惜敗
夏の甲子園が始まり、県代表の延岡学園は2回戦で東海大浦安(千葉)と対戦し、1−2で敗れた。試合は息詰まる投手戦となった(8月14日付)

◇海水浴場にサメ現る
日向市のお倉ケ浜海水浴場で、サーファーが海面から突き出たサメの背びれを目撃した。シュモクザメとみられ、海水浴客が一時騒然となった(8月17日付)

◇米国で歓喜の歌
のべおか「第九」を歌う会と延岡フィルハーモニー管弦楽団が、延岡市の姉妹都市・米国メドフォード市で歓喜の歌を披露することになった(8月18日付)。現地の大学で行われた演奏会は拍手が鳴りやまなかった(8月25日付)

◇青春短歌大賞を創設
延岡市は、同市で青春時代を過ごした歌人若山牧水を顕彰する青春短歌大賞を創設した。「牧水」の名を冠した全国規模の短歌賞は初めてだった(9月6日付)

◇国内唯一の「短甲」
延岡市の古墳から出土した、鉄板を皮ひもでとじるよろい「短甲」が、国内唯一の出土品だったと市教委が発表した(9月7日付)

◇一般質問を生中継
延岡市議会の一般質問の模様が、テレビネットワーク延岡を通じて契約世帯に試験放送された。初めての生中継に議員も当局も緊張ぎみだった(9月12日付)

◇井上選手が金メダル
シドニー五輪の柔道男子100キロ級で井上康生選手が金メダルを獲得した。井上選手は、4歳から8歳まで過ごした延岡市で柔道を始めた(9月22日付)

◇篠原選手、誤審?に泣く
シドニー五輪の柔道男子100キロ超級決勝が行われ、旭化成の篠原信一選手は不可解な判定で銀メダルに終わった。篠原選手は「弱いから負けた」と潔かった(9月23日付)

◇日本、キューバに惜敗
シドニー五輪の野球で日本はキューバと対戦。黒木知宏選手(延岡学園卒、ロッテ)が先発したが、力投及ばず0−3で敗れた(9月26日付)

◇川嶋選手、日本人最高
シドニー五輪の男子マラソンが行われ、旭化成の川嶋伸次選手が日本人最高ながら21位、佐藤信之選手は41位となった(10月2日付)

◇ロックタウン日向オープン
九州ジャスコ日向店とHIヒロセの二大店舗を核とした県北最大規模の郊外複合型ショッピングセンター「ロックタウン日向」が、同市日知屋にグランドオープンした(10月7日付)

◇キンモクセイよみがえる
北浦町にある国指定天然記念物のキンモクセイが、空洞を埋めるなどの手当てで息を吹き返した。推定樹齢300年の古木で枯死寸前だった(10月10日付)

◇五ケ瀬ドーム完成
五ケ瀬町が、総合公園「Gパーク」に建設中だった県内初の膜屋根体育館「五ケ瀬ドーム」が完成した(10月12日付)

◇日本一長い壁画が完成
門川町が、庵川防波堤で行ってきた小学生による壁画制作が最後を迎え、総延長1・3キロに及ぶ日本一長い壁画が完成した(10月18日付)

◇山元・奈須組が全国制覇
全日本柔道形競技大会が行われ、九州代表で出場した日向市の山元一孝さん・奈須開生さんが固(かため)形の部で優勝した。九州勢初の快挙だった(10月19日付)

◇クマが座っていた
高千穂町上岩戸の林道にクマらしき動物が座っているのを近くの人が目撃した。北西に約3キロ離れた場所でもクマの目撃情報があった(10月23日付)

◇レーヨンの生産停止へ
旭化成は、平成13年9月末にレーヨン事業の生産を停止、同14年3月までに事業から撤退すると発表した。レーヨンは工都・延岡の代名詞だった(10月25日付)

◇障害乗り越え銅メダル
シドニー・パラリンピックの卓球女子個人で、延岡東高卒の工藤恭子選手が銅メダルに輝いた(10月26日付)

◇水面からの高さ日本一
県が、日之影町の五ケ瀬川に建設していた天翔大橋が完成した。水面からの高さ143メートルは日本一。国内初の照明用風力発電装置も備えた(11月1日付)

◇露天風呂から大崩山
北川町が祝子川地区に整備していた温泉施設「祝子川温泉美人の湯」が完成した。大崩山を眺める露天風呂が話題を集めた(11月16日付)

◇130年ぶりに石垣
延岡市の内藤記念館北側斜面から、歴代延岡藩主が住まいとした「西の丸」時代の石垣の一部が見つかった。内藤時代に築かれたものとみられた(12月18日付)

◇校庭の杜、「まだ大丈夫」
延岡高校のシンボル「校庭の杜(もり)」を熊本市の樹木医が診断。樹勢は衰えたものの「まだ処置すれば大丈夫」と話した(12月27日付)

◇アヅマヤ、経営再建を断念
民事再生法の適用を申請し、再生計画案を作成していた延岡市幸町のアヅマヤ百貨店が、同計画を断念することが分かった。営業は年内までとなった(12月28日付)

(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top