【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

恒富さるく−史跡や景観楽しみ体験学習

本紙掲載日:2019-03-07
3面
恒富地区を散策した参加者
恒富こどもの水辺協議会が製作した「つねとみ散策マップ」

こども水辺協が初開催−2回目は24日

 延岡市恒富地区周辺の史跡を歩いて巡る「恒富さるく」がこのほど、行われた。大瀬川の美しい景観、川遊びや体験型学習が盛んに行われている同地区の歴史に親しんでもらおうと、恒富こどもの水辺協議会(山口美三雄会長)が同市の市民まちづくり活動支援事業の補助を受けて初めて開催した。

 同市大貫町のかわまち交流広場に集まった参加者15人はコース説明を受け、午前9時30分にスタート。最初の目的地は井上城趾がある古城町の天守山。頂上まで登った参加者は、一次資料が残っていないという井上城の在りし日に思いをはせた。

 その後は恵比寿神霊場がある光明寺、恒富用水路などを開削した矢野喜左衛門翁の頌徳(しょうとく)碑が設置されている恒富公民館を巡り、西小路住宅街のからみれんがを見物しながら歩いた。

 大瀬町ではSL公園のD51型蒸気機関車〃デゴイチ〃を見学。昭和15年に造られ、同49年の引退まで延岡の発展を支え続けた「功労者」に感謝した。千徳酒造やおがわ饅頭では酒や菓子作りについて学び、買い物も楽しんだ。

 かわまち交流広場へと戻った参加者は、宮崎牛を使ったバーベキューで昼食。約3時間の散策を振り返る中で「地元なのに知らないことが多かった」「ほんの数時間でいい勉強ができた」といった感想を話していた。同協議会の山田大志さんは「降雨で予定変更もあったが、ゆったりと恒富地区の歴史を感じてもらえたのでは」と話した。

 第2回の恒富さるくは今月24日に開催を予定。参加費は3000円(中学生以下2000円)で、定員は25人。申し込み、問い合わせはリバーパル五ケ瀬川内の同協議会(電話延岡42・3005)。

◆「恒富マップ」を製作

 恒富こどもの水辺協議会はこのほど、恒富地区内を気軽に歩くことができるコースを記した「つねとみ散策マップ」2千部を作製した。

 記載されているのは1時間10分コース(約4・7キロ)と1時間40分コース(約5キロ)で、大瀬大橋から光明寺や恒富公民館、SL公園、大貫町水門などを散策しながら同地区の歴史や景観を楽しむことができる内容。天守山や春日神社に立ち寄る寄り道コースも紹介している。

 つねとみ散策マップは3月24日午後から、かわまち交流館やリバーパル五ケ瀬川など市内数カ所に設置予定で、同協議会は地域の小中学校や歩こう会などでも活用してもらう考え。「かわまち交流館やその周辺で開催されるイベント等の待ち時間に利用しやすい散策コースです。地域住民の方にもぜひ利用していただき、郷土の魅力の再発見につなげてもらえれば」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top