【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「ばんば踊り」のメロディが出迎え

本紙掲載日:2019-03-11
3面
到着ベルが「ばんば踊り」のメロディーに変わったことを受け、延岡駅であった記念式典

到着時に自動放送−JR延岡駅

◆くす玉、太鼓で記念式典

 延岡市のJR延岡駅で列車接近時に流れる到着ベルが10日から、市民に親しみの深い「ばんば踊り」のメロディーに変わった。延岡への親しみを感じてもらう取り組みで、地域の特色を出した到着ベルの導入は県内では日向市駅などに次いで4番目。同日、駅ホームで記念式典が開かれた。

 JR九州や延岡観光協会などによると、市民から、延岡の玄関口である延岡駅の利用者に延岡への親しみをより感じてもらえるよう、到着ベルにばんば踊りのメロディーを流してほしいと依頼があり、延岡観光協会とJR九州が連携して導入の準備を進めてきた。

 延岡駅を行き来する列車は約80本(貨物含む)。列車が接近すると、ばんば踊りのメロディー約8秒と、到着を知らせる男性や女性の自動音声放送が続く。県内では日向市駅のほか宮崎駅、宮崎空港駅で、地域に親しみがわくメロディーを導入。日向市駅では「ひょっとこ踊り」が流れる。

 記念式典で、延岡観光協会の吉岡由華常務理事は「到着時にばんば踊りが流れることで、延岡に親しみを感じてほしい」、JR九州宮崎総合鉄道事業部の宮野原佳部長が「多くの人に延岡の伝統と文化に触れてほしい」とあいさつ。曲に合わせてばんば太鼓打ちの披露もあった。

 続いて、ばんば踊りのメロディーの自動放送を合図に、ホームに入ってきた大分発宮崎空港行きの特急「にちりん5号」を出迎え。出発式後に関係者でくす玉を開き、導入を祝った。太鼓打ちを披露した一ケ岡小学校6年の鶴輪隼丞君(12)は、「到着の時にばんば踊りが流れてうれしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top