【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延学調理科から2人入賞

本紙掲載日:2019-03-11
6面
「第5回さいき食のスター誕生」で入賞した(右から)清松さんと山本さん
清松さんの作品「はちみつレモンのマドレーヌ」(延岡学園高校調理科提供)
山本さんの作品「ごぼうあんの苺大福」(延岡学園高校調理科提供)

第5回さいき食のスター誕生

◆ゴボウ使ったスイーツ

 第5回さいき食のスター誕生はこのほど結果が発表され、延岡学園高校調理科生が活躍。ともに2年の清松翔真さんが優秀賞、山本咲和(さわ)さんが審査委員長特別賞に選ばれた。

 主催は佐伯市観光協会(大分県)。新たな食の魅力創出などを目的とし、「佐伯にゆかりのある食材を一つ以上使用すること」などが条件。今回は「お土産」をテーマに行い、書類選考の通過者が決勝大会で競った。

 清松さんも山本さんもゴボウを使ったスイーツを作り、コンテストで初めて賞を獲得した。

 清松さんの作品は「はちみつレモンのマドレーヌ」。「食感を出したい」とゴボウを入れたが、調和に苦労した。最初は砂糖で煮たものを使ったが「ベチョベチョになった」。問題は「水分が残ること」と気付き、先に素揚げすると大成功。試行錯誤の上に完成した一品だった。

 「賞を取れるとは思っていなかったのですごく自信になった。料理は大好き。努力を続けていき、次はグランプリを狙いたい」と語った。

 一方、山本さんの作品は「ごぼうあんの苺大福(いちごだいふく)」。味はもちろん、一番工夫したのは〃見た目〃。「大福の白色からウサギをイメージした」と、あんを入れた生地を横に切り、その切り口に大きなイチゴをそのまま置いた。チョコペンで目を描き、かわいらしく仕上げた。

 「出来栄えには満足していたが、(結果に)自分が一番びっくりしている。料理コンテストにもっと積極的に出て賞を取りたい」と意欲的だった。

 

その他の記事/過去の記事
page-top