【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旬鮮食材・サトイモ

本紙掲載日:2019-03-12
4面
延岡産のサトイモ(赤芽)

春先は「赤芽」が主力

 季節によって品種を変えながら、比較的通年で出回るので重宝する野菜。JA宮崎経済連のホームページによると、県内では石川早生、中生種、宮崎さといも、赤芽(セレベス)の4品種が生産されているという。冬から春先にかけての今の時期は赤芽が主力で、インドネシアから導入された品種で芽が赤いのが特徴だ。

 皮をむくときに手がかゆくなるのはシュウ酸カルシウムの影響。シュウ酸カルシウムは酢に弱いので、皮をむく前に酢水にひたすと良い。

 サトイモの甘辛焼きを紹介する。用意する物。サトイモ3個、かたくり粉小さじ2、サラダ油、みりん小さじ2、しょうゆ小さじ2、煎りごま適量。作り方.汽肇ぅ發論って皮付きのまま、軽くラップをして電子レンジで2分加熱。ひっくり返してもう2分加熱する△△蘿が取れたら皮をむいて、食べやすいサイズに切り、かたくり粉をまぶすフライパンにサラダ油を熱し、サトイモを入れて焼くし擇焼き目が付いたら、みりん、しょうゆの順番で加えてサトイモと絡めるダ垢衂佞韻謄乾泙鬚泙屬靴燭藉粟。

その他の記事/過去の記事
page-top