【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

丸の内で写真展−五十川満さん(延岡市出身)

本紙掲載日:2019-03-14
6面

新たなステップ

 延岡市出身で現在、東京で活躍中のプロカメラマン五十川満さん(34)が4月に、富士フイルムのギャラリー「FUJIFILMImagingPlazaGallery」(東京都千代田区丸の内)で写真展を開く。国の伝統無形文化財に指定されている島根県の石見(いわみ)神楽をテーマとした作品で、同社主催の「Xチャレンジ」に応募し、認められた。

◆富士フイルム「Xチャレンジ」−4月1〜30日・テーマは石見神楽

 「Xチャレンジ」は、同ギャラリーで1カ月にわたって写真展を開催できるもので、プロ・アマ問わず優れたカメラマンの作品が集まる。しかし、開催枠は半年に1人で、該当者がいない場合もある狭き門。五十川さんは厳しい審査の末、その力量が評価された。同ギャラリーでは初の展示。「これまでにやった作品展以上のものにしたい。誰も見たことのない、新しい石見神楽を見ていただける機会にできれば」と張り切っている。

 延岡市西階町出身で延岡工業高校OB。23歳の時に、写真家の宮澤正明氏に師事。伊勢神宮の125社すべてを撮影して腕を磨き、平成27年に高千穂の夜神楽をテーマにした「面様(おもてさま)」を撮影。同年独立し、雑誌や広告などの写真を手掛けるほか、テレビ番組の講師カメラマンも経験。平成28年には高千穂町の「神都観光大使」に任命された。

 神楽や風景、猫などをライフワークとしており、中でも神楽は、高千穂神楽、石見神楽、備中神楽の日本三大神楽を写真に収め、「日本の三大神楽として、世界の人に見てもらいたい」という大きな目標を持っている。

 今回のテーマは、その一つの石見神楽で、写真展のタイトルは「面舞(めんまい)〜石見神楽」。撮影のために昨年9月から約1カ月にわたって現地に滞在。地区内をくまなく巡り、舞い手の普段の表情や本番での舞、美しい神楽装束や自然など、石見の魅力を余すところなく撮った。

 「一年に1回行われる、海を背景に舞う海神楽をはじめ、神楽の舞台裏や神話に残る風景、日本海のいさり火など、朝昼晩を通して、撮れるものはすべて撮らせてもらいました」と五十川さん。

 この間、神楽保存会「石見神楽温泉津(ゆのつ)舞子連中」を中心とする地元の人たちとも深く交流。写真展の決定を知らせたところ、自分のことのように喜んでくれたという。

 大小合わせて約120点を展示する予定で、その準備に追われている。忙しい最中だが、「高千穂もそうだが、神楽文化が根付いている地域の人たちは本当に温かい。連絡を受けた時、作品が認められたことよりも、石見神楽の人たちに喜んでもらえると思ったことが一番うれしかった」と振り返った。

 会場のギャラリーは、地下鉄千代田線「二重橋前駅」3番出口から直結の「丸の内MYPLAZA」3階。開催は4月1〜30日の平日午前11時〜午後8時、土日祝日午前10時〜午後7時、最終日は同4時まで。13、20日は午後1時から、五十川さん自身による作品解説もある。入場無料。

その他の記事/過去の記事
page-top