【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(26)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-03-14
8面

【平成13年7〜12月】
◇票の仕分けに果物パック
非拘束名簿方式の導入で開票作業が煩雑化する参院選比例代表選挙を控え、延岡市選管が票の仕分けに果物パックを利用する方法を考案した(7月3日付)

◇中学生の交流見合わせ
日本の歴史教科書問題をめぐり、南郷村と姉妹都市の韓国・扶餘(プヨ)の中学生交流が当分中止されることになった(7月17日付)

◇鈴鹿サーキットに挑戦
延岡工業高校電子科の生徒、教諭でつくるソーラーカーチームが、三重県鈴鹿サーキットで開かれるレースに初出場することになった(7月23日付)

◇小斉平氏が初当選
参院選が行われ、宮崎選挙区は自民党公認で新人の小斉平敏文氏が初当選した。同党の内部分裂で公認に漏れた前職が落選した(7月30日付)

◇営林署が消える
宮崎北部森林管理署の延岡、高千穂事務所が廃止となり、日向市の同管理署に統合されることになった。両事務所で閉所式があった(7月31日付)

◇合併研究会が発足
延岡市と北方、北川、北浦町が合併研究会を設立した。県北では、西臼杵3町、日向市と東臼杵郡南部の8市町村が既に設置していた(8月7日付)

◇ハネムーンバス復活
昭和40年代に新婚旅行のカップルを乗せた宮崎交通の観光バスが復活、日南海岸を走った。かつて宮崎を訪れた熟年夫婦の利用に期待が高まった(8月16日付)

◇ウズメ大成功
延岡市のひむかミュージカル「ウズメ2001」の公演が大成功に終わった。市民団員らによる手づくりの舞台が満員の観客を魅了した(8月20日付)

◇さようならレーヨン
旭化成のレーヨン工場の停止式があり、77年の歴史に幕を下ろした。紡糸機のモニュメントと工場記念碑の除幕式もあった(9月1日付)

◇銀幕の黄金期を語る
映画全盛期に延岡市内の映画館で働いた元映写技師による座談会があり、映画と共に青春時代を送った人たちが当時を懐かしんだ(9月4日付)

◇ベンチプレスで日本一
ベンチプレス選手権大会があり、82・5キロ級に出場した延岡市の猪須純一さんが180キロの日本記録を樹立、初優勝した(9月5日付)

◇米国で史上最悪のテロ
米国最大の都市ニューヨークと首都ワシントンで旅客機によるテロ事件が相次いで発生した。犠牲者は数千人にのぼり、世界に激震を与えた(9月12日付)

◇小学生が化石を発見
2億5千万年より前に生きたシカマイヤという貝の化石が高千穂町の畑から見つかった。化石展で見た小学生が「うちの畑にもある」と発見した(9月13日付)

◇はっこう21お披露目
日向市細島の八興運輸が建造していた貨物専用のRORO船「はっこう21」が完成し、関係者にお披露目された。細島−大阪間に就航した(9月29日付)

◇菊池さん、剣道日本一
全日本小中学生女子個人選抜剣道大会があり、延岡市の修道館から出場した菊池愛カさん(門川中3)が県勢初の日本一に輝いた。8月の全国大会でも優勝していた(10月4日付)

◇跡地は買えません
延岡市は、アヅマヤ百貨店跡地の競売に参加しない方針を明らかにした。延岡商議所などが提出した跡地取得を求める陳情を不採択とした(10月6日付)

◇家田、川坂が重要湿地に
国は、絶滅の恐れがある希少生物がすむ湿地500カ所を「重要湿地」に選定した。県北からは北川町の家田、川坂湿原などがリストアップされた(10月12日付)

◇魚の高層マンション
高さ35メートルと12階建てのビルに相当する鉄骨製の高層型漁礁が完成した(10月13日付)。県が県内で初めて導入、延岡市島野浦沖に投入した。

◇後藤さん、最高殊勲選手に
社会人野球の日本選手権大会決勝が行われ、三菱重工長崎が初優勝した。延岡高校出身の後藤隆之投手が相手打線を完封、最高殊勲選手に選ばれた(10月15日付)

◇沿岸でゲリラ豪雨
県北でゲリラ豪雨が発生し、北浦町では観測史上最高となる85ミリの1時間雨量を観測した。同町や延岡市浦城町で河川が氾濫、家屋の浸水被害が相次いだ(10月17日付)

◇備長炭を全国に発信
北郷村で全国炭サミットが開かれ、県内外から訪れた人たちが宇納間備長炭の炭だし作業を見学した(10月22日付)

◇津久見−佐伯間に着工
東九州自動車道津久見−佐伯間の起工式が、大分県弥生町であった。13・2キロを暫定2車線で整備することになった(10月23日付)

◇重さ300キロのカジキ
重さ300キロを超すシロカワカジキ(シロカジキ)が延岡市の方財港に水揚げされた。シイラ漁の漁船が同市島野浦沖でもりで仕留めた(10月25日付)

◇さくら号をラジコンで
空の先駆者後藤勇吉飛行士が、太平洋横断飛行で乗るはずだった「さくら号」がラジコンで復元された。延岡市山下町の島崎一さんが当時の図面をもとに製作した(10月27日付)

◇北方延岡道路が着工
九州横断自動車道延岡線で初の着工区間となる一般国道218号北方延岡道路(11キロ)の起工式が、延岡市高野町であった(11月9日付)

◇神内投手はダイエー3位
プロ野球のドラフト会議が行われ、延岡学園高校の神内靖投手がダイエーの3位指名を受けた。甲子園で好投し、米国遠征メンバーにも選ばれていた(11月20日付)

◇大砲試射之図を再現
旧延岡藩主・内藤家文書に描かれた大砲試射が、延岡市方財町で行われた。試射は文政9(1826)年に方財で行われており、175年ぶりに再現された(12月1日付)

◇雅子さま、ご出産
皇太子妃雅子さまが、12月1日に女の子を出産された。待望の赤ちゃん誕生に国内は祝福の声に包まれた(12月3日付)。「敬宮愛子内親王」と称されることが決まった(12月7日付)

◇門川−日向で幅杭打ち
東九州自動車道の門川−日向間14キロの用地幅杭(くい)打ち式が門川町と日向市であった。用地買収交渉が本格的に始まった(12月17日付)

◇常夜灯から古銭
延岡市東海町の常夜灯の解体作業が始まり、石積みの隙間から寛永通宝の古銭が見つかった。常夜灯は道路工事に伴い移設された(12月19日付)

◇寿屋が民事再生法を申請
経営不振が続いていた九州のスーパー寿屋が民事再生法の適用を熊本地裁に申請、店舗のある県北に衝撃が広がった。営業は継続された(12月20日付)

◇延岡学園、2回戦敗退
全国高校バスケットボール選抜優勝大会が始まり、初出場の延岡学園は2回戦で土浦日大(茨城)と対戦。54−86で敗れた(12月24日付)

(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top