【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

油彩とテンペラ併用の独自技法

本紙掲載日:2019-03-15
6面
安田祐三さんの絵画展

ギャラリーかわなかで安田祐三さん

 北海道出身、在住の画家安田祐三さんの絵画展「北の森からの便り〜安田祐三油彩画展」が15日から、延岡市伊達町のギャラリーかわなかで始まった。24日まで。

 1974年から76年までパリ国立美術院で学び、78年、山形大学を卒業した。日伯現代美術展MOA美術館奨励賞など受賞。星槎道都大学美術学部デザイン学科教授、美術科教育学会会員、北海道美術協会会員。

 油彩とテンペラを併用して制作しており、今回の展示会には、サムホールからF10号までの風景画や静物画など25点を出品。北海道の自然を描いた「陽光降り注ぐ大地」、高千穂の真名井の滝を描いた「苔滴り」のほか、紫のキキョウや赤のバラといった花々を写実的に描いた作品が並んでいる。

 同ギャラリーの川中啓二代表はギャラリーの仕事を始めた頃に安田さんの絵を見て感動。油彩とテンペラを併用する技術について「油彩の重厚感が和らぎ、クラシカルな雰囲気も出る」と説明する。

 また、「湖や川の水面の揺らぎ、木々の色彩、しっとりとした空気感など自然の美しさを素直に表現している。北海道の美瑛や富良野などの美しい風景を緻密なタッチで描いているのでたくさんの人に見ていただきたい」と来場を呼び掛けた。

 開場は午前10時〜午後6時。ギャラリー北側に車5台分の駐車場がある。問い合わせ先は同ギャラリー(箟箍32・4036)。

その他の記事/過去の記事
page-top