【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡工業高電気科2年生が意見交流会

本紙掲載日:2019-03-16
2面
生徒の質問に答える松本幸浩専務
グループディスカッションを行う生徒と組合員

延岡電気工事業協青年部と

 延岡電気工事業協同組合青年部(岩田征巳部長)と延岡工業高校(長友健祐校長、711人)電気科2年生の意見交流会が15日、同校であった。電気工事業界で活躍する技術者と次世代を担う生徒がさまざまな意見を交わし、交流を深めた。

 若手技術者育成を目的に、同青年部が延岡で初めて開催。就職を控える学生たちは不安や悩み、素朴な疑問を投げ掛け、組合員は電気工事業界の現状や魅力などを伝えた。

 まずは、松本電気工業(大貫町)の松本幸浩専務が、事前アンケートで寄せられた生徒の質問に回答。「将来の電気工事は安定した職業か」という問いに「電気に変わるエネルギー普及の話は聞こえてきていない。現時点で先細りする業界とは思えない」。「仕事で大切にしていることは」という問いには「(仕事は)やるものではなく、もらうもの。いろいろな人、企業に支えられていると認識し、謙虚さを持つことが大切」と話した。

 その後は、生徒7、8人と組合員2人ずつで5グループをつくり、意見を交換。生徒たちが昨年11月に県北16社に出向いたインターンシップ、電気工事会社の日々の仕事内容、年間スケジュールなどをテーマに話し合った。

 浦田悠太さんは「電気はないととても困る。電気工事の仕事は感謝される場面が多く、やりがいあるものだと分かった」。西村泰洋さんは「地元に貢献する会社が多いと感じる中、あえて1度県外で学び、客観的な視点を持つことも一つのやり方かもしれないと思った」と話した。

 岩田部長は「電気工事の仕事は資格が必要なものも多い。取れる資格はすべて取るくらいの気持ちで残りの高校生活を過ごしてほしい」と生徒たちを激励した。

その他の記事/過去の記事
page-top