【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡、日向、五ケ瀬が優秀賞

本紙掲載日:2019-03-16
8面

普通科系専門学科・課題研究発表大会

 県内高校の普通科系専門学科を対象とした第5回課題研究発表大会が14日、宮崎市の宮崎大学であり、延岡、日向高、五ケ瀬中等教育学校が優秀賞に選ばれた。県教委主催。

 延岡星雲高を含む14校から理数科学と人文科学の2部門に8組ずつ参加。制限時間10分の発表と5分の質疑応答で成果を競った。

 理数科学部門では延岡高の吉田一平さん、北代拓人さん、木場厚汰さん、東隼人さん、肥田木拓さん、矢野皓太さんが、あみだくじの法則性について発表した。

 6人は「分岐」に着目し、始点と終点を結ぶ縦線と、隣の縦線に誘導する横線の本数との組み合わせを変えながら結果を集計。確率を求める数式を導き出すと、始点の真下の終点にたどり着きやすいことが分かり、「あみだくじは公平ではなかった」と結論付けた。

 人文科学部門では、日向高の渡邊美優さん、新庄智文さん、松尾直也さん、柏田開成さん、黒木美沙希さんが道の駅日向の活性化について発表。東九州自動車道の開通で約3分の1まで減少した利用者を呼び戻すために考えた取り組みを紹介した。

 利用者が増えた道の駅つのや市民へのインタビュー、アンケートを通し、家族連れの誘客が有効だと判断。幅広く支持される限定商品として、特産のヘベスとマシュマロを使ったケーキ「ヘベマロ」を開発、サーフィンを生かしたまちづくりのマスコットキャラ「ヒューくん」を撮影スポットやスタンプラリーに活用し、実証にまでこぎ着けたと報告した。

 五ケ瀬中等の黒木瑛介さんは五ケ瀬町の経済縮小・人手不足対策を提案。体験型の農家民泊に人気が集まる一方、主要産業である農業の担い手が不足しているとして、農家の要請に応じて宿泊客が体験しながら作業を支援してもらう観光プランを提案した。

 同部門では、延岡星雲高の櫻川奈央さんと丸山典華さんも延岡市の人口減対策として、普通科高校でも地元企業へのインターンシップを実施するよう提案。身近な企業の魅力を知ることで、将来の帰省や定着につながると展望を示した。

 研究成果をまとめた模造紙などを使ってのポスターセッションもあり、理数科学部門に延岡、延岡星雲、人文科学に五ケ瀬中等から5組が発表した。

その他の記事/過去の記事
page-top