【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

紙芝居でいじめを考える−岡富中学校1年生

本紙掲載日:2019-03-18
6面
小学生に紙芝居を披露する岡富中の生徒(岡富小学校で)

自ら作って母校で上演

 延岡市立岡富中学校(瀬戸山初博校長)の1年生107人は14日、同市の岡富小学校と延岡小学校を訪れて、1、2年生を対象にいじめをテーマにした紙芝居を行った。紙芝居を通じて、母校の児童にもいじめについて考えてもらい、また中学生自身の表現力を養うことを目的に今年初めて行った。

 紙芝居は5、6人ずつの班に分かれて、総合的な学習の時間に作った。道徳の資料を基に、いじめている3匹のカエルといじめられている1匹が、どうすれば仲良くできるかを考え、班ごとに違う物語を生み出した。

 このうち岡富小(丸尾豊校長)の1年1組では、萩尾奨悟さんら5人が、体が大きくて優しいガマガエルと、アマガエルたちの心の動きや、アマガエルたちの危機をきっかけに4匹が仲良くなる物語を声で熱演。いじめを考えるきっかけを投げ掛けると、児童も真剣な様子で紙芝居を見詰めていた。

 同小の卒業生でもある萩尾さんは、臨場感たっぷりにキャラクターのせりふを言い、児童の注目を浴びた。「せりふをちゃんと言おうと練習してきた。小学生も笑ってくれたので、気持ちは伝わったと思う」

 小学1年生の長野帆夏さんは「カエルを助けるところのせりふが面白かった。いじめをなくしてみんなと仲良くしたい」と、感想を話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top