【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

野口記念館へ感謝込めて

本紙掲載日:2019-03-18
7面

県北合唱祭に28団体

 「第41回県北合唱祭」(延岡市文化連盟音楽部門主催)が17日、延岡市野口記念館で開かれた。6月から建て替え工事に入るため同所での開催は最後とあって、過去最多の28団体から600人以上が出演。県北地区、特に延岡市内の文化振興を64年にわたり支えた同記念館に感謝しながら歌った。

 日向高校音楽部の澄んだアカペラで始まり、幼稚園児や小学生はかわいらしく、シルバーコーラスは熟練の歌声を披露。花束を持って歌ったり、ミュージカルの一部を披露したり、リコーダーや鍵盤ハーモニカを前奏に加えたりして、それぞれの団体が特徴あるステージを展開した。

 延岡、延岡星雲、日向の3校でつくる県北高等学校合同合唱団は「昨年のこの会場で募金を行い、多くの協力をいただいたおかげで全国高文祭に出演できました。そのお礼です」と、若々しい歌声で合唱祭に花を添えた。新川和江作詞、信長貴富作曲の「生きる理由」を力強く歌い上げると、会場から「ブラボー」の声が飛んだ。

 また、東海さわやかコーラスと、延岡学園から尚学館小学校、同学園高校音楽専攻合唱団が初参加。プログラムの最後は、同学園高の吹奏楽部員4人が伴奏に加わり、出演者も来場者も一緒になって宮崎県民歌を歌った。

 最後に、同音楽部門代表理事の末藤俊二さん(80)が「野口記念館さん、きょうは良かったですか?」と語り掛けると、どこからか「はーい」と答えが戻った。

 末藤さんは、定期演奏会の会場とするなど同記念館をホームグラウンドにしてきた延岡混声合唱団の団員でもあり「(同記念館には)感謝してもしきれない」と涙を拭いながら、「たくさんの感動のドラマを生んだこのステージ、客席を脳裏に刻みつけておこう」と出演者、来場者に呼び掛けた。

 同合唱団の梅野恭一団長(89)は「中ホールとして使いやすく、この記念館には大変世話になった。新しくできる野口遵記念館も、使いやすい、音響のいいホールになってくれればありがたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top