【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「カードを新しく」→詐欺では?

本紙掲載日:2019-03-19
3面
福栄署長から感謝状を受け取る松田さん

JA延岡岡富支店・松田さんに署長感謝状−延岡署

 延岡警察署(福栄芳政署長)は15日、うそ電話詐欺の被害を未然に防いだとして、JA延岡岡富支店の松田如美さん(41)=延岡市行縢町=に署長感謝状を贈った。

 同署によると、被害を免れたのは同市内の一人暮らしの80歳代女性。

 女性は、2月27日午後2時30分ごろ岡富支店の窓口で「キャッシュカードが古くなったから新しいカードを作ってほしい」と申し込んだ。この依頼に窓口の松田さんは不審に思い、詳しく話を聞いたという。女性が「保険料が戻ってくる。カードの暗証番号を聞かれた」と話したことから、松田さんは詐欺ではないかと疑い、警察に通報。女性の被害を未然に防ぐことができたという。

 女性宅には同日午後1時ごろ固定電話に、市役所職員を名乗る男から電話があり、「保険料の払い戻し金2万430円に関する書類を送っているのですが、まだ届いていない。書類の提出期限は今月いっぱいですよ」と話し、さらに「口座に50万円以上あれば手数料は無料になります。新しいキャッシュカードを作りませんか」と促され、同支店を訪れたという。

 こうした場合、グループの一味が自宅に新しいカードを取りにくるケースが多く、その日のうちに多額の現金が引き出されるという。県内ではこの手口による被害が発生している。

 贈呈式で松田さんは「感謝状をもらうようなことはしていませんが、これを機会にお客さまに周知されればいいと思った。これからも不審に思った際は、周りに相談して未然防止に努めたい」。福栄署長は「今年は、2月末の時点で2件の被害阻止があった。これらは氷山の一角だと考えているので、捜査を徹底したい」と力を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top