【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「自分の力出し切りたい」

本紙掲載日:2019-03-19
9面
全国JOCジュニアオリンピックカップ春季大会に出場する下村桃子選手

競泳−下村選手、JOC大会へ

◆100平で標突、自己新

 第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳大会の競泳競技(3月26〜30日、東京辰巳国際水泳場)に、日向市のビートスイミングに通う下村桃子選手(17)=富島高校2年=が出場する。3度目となるJOC出場に「自分の力を出し切り決勝に進みたい」と意気込んでいる。

 1月に鹿児島市で開かれた鹿児島JSCA新年フェスティバルの50メートル、100メートル、200メートルの平泳ぎに出場。50メートルと100メートルで1位、200メートルで2位に入る成績を収めた。

 100メートルでは、JOCの標準記録(1分10秒84)を突破する1分9秒34の自己新記録を出し、本大会への切符を手にした。

 日向市財光寺にあったビーグルスイミングで5歳から水泳を始めた。小学5年からは山本祐樹コーチ(39)の勧めで競技力を磨く「選手コース」でトレーニングを開始。その年に標準記録を突破してJOC初出場を果たし、翌年も続けて出場した。

 中学2年時にビーグルが閉鎖したため、宮崎市のサンフラワースイミングへ。そこでも山本コーチから指導を受け、二人三脚で取り組んできた。

 高校1年生からは現在のビートに入会。小学生以来の大会出場に向けてトレーニングに励んだが、「練習に対して気持ちの波があった」。なかなか結果を出すことができなかった。

 転機は、高校2年。「山本コーチと練習できるのは来年で最後になる」。練習に対する姿勢が変わり、停滞気味だった記録が徐々に伸びてきた。

 迎えた1月の新年フェスティバル。フォームも気持ちも安定しており、「絶対いけると思った」。タイムボードには、予想していた1分10秒前半を上回る9秒89。中学3年以来の自己記録更新だった。

 出場するJOC春季大会のCS(チャンピオンシップ)平泳ぎ100メートルには現在、28人がエントリー。そのうち、下村選手の記録は13番目という。

 「残りわずかだけどラストで泳ぎが崩れないように練習したい。決勝の8人に残り、ジャパンオープンの標準記録(1分8秒98)を取りたい」と活躍を誓った。

その他の記事/過去の記事
page-top