【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「森の恵みの感謝祭」楽しむ

本紙掲載日:2019-03-21
8面
諸塚村の「森の恵みの感謝祭」。多くの来場者でにぎわった
山菜の天ぷらなど特産品を買い求める人たち
木工体験を楽しむ親子

諸塚村の特産品などPR

 諸塚村などが主催する第12回世界森林認定祭り「森の恵みの感謝祭」が17日、日向市富高のJA日向生産者直売所「八菜館」駐車場であった。市内外から多くの家族連れなどが訪れ、特産のシイタケやジビエ料理、木工体験などを楽しんだ。

 同祭りは、国際森林認証(FSC)を取得している同村の魅力を知ってもらおうと平成20年から開催している。これまでは村内で実施していたが、4年前からは広くPRをと村外で行っている。日向市では昨年に続いて2回目。

 会場では、しし汁、山菜の天ぷら、鹿肉の竜田揚げの実演販売。シイタケやしし肉を七輪で焼いて味わうコーナーなどがあり、来場者は諸塚の食の魅力を堪能した。

 FSC認証木材を使った木工体験では、子どもたちが耳川広域森林組合の職員らから指導を受けて取り組んだ。原木シイタケの駒打ち体験は先着100人が1時間足らずで終了するほど人気だった。

 住まいと森の環づくり研究会によるセミナーや同村が取り組む産直住宅などのパネル展のほか、特設ステージでは日向市出身の演歌歌手おだや加奈子さんによるコンサートでにぎわった。

 家族で来ていた塩見小の山口來斗君(10)は木工体験で椅子を製作。「20分ぐらいかけてお母さんと一緒に作った。くぎを打つのが楽しかった。家でも作りたい」と笑顔で話した。

その他の記事/過去の記事
page-top