【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

園児数減で閉園−日向市立東郷幼稚園

本紙掲載日:2019-03-25
3面
卒園式で「ありがとうの花」を歌う児童たち
植木鉢を重ねて作ったトーテムポール形の記念碑

47年の歴史に幕−地元、元職員ら出席し式典

 園児数の減少に伴い4月1日に閉園となる日向市立東郷幼稚園(黒木知枝園長、7人)で23日、閉園式が行われた。園児や保護者、元職員、地元関係者など約70人が出席。47年の歴史に幕を下ろす思い出の園舎との別れを惜しんだ。

 同幼稚園は昭和47年、東郷町の旧中央公民館を改装して設置され、5歳児1クラスで開園。同59年には現在地に園舎が完成し、園児数は81人とピークに。しかし近年は減少傾向にあり、平成29年度からは園児数が1桁となっていた。

 閉園式では、十屋幸平市長が「断腸の思いで閉園を決断した。多くの園児を送り出した伝統ある幼稚園の光が消えていくことは残念だが、地域全体でこれからも子どもたちを見守ってほしい」とあいさつ。

 来賓の甲斐敏彦議長は「輝かしい歴史と伝統は消えず、皆さんの心の中に残る。幼稚園での楽しい思い出を忘れず、新しいお友達をたくさんつくってください」と呼び掛けた。

 その後はスクリーンに映し出された写真などでこれまでを振り返り、児童らが「ありがとうの花」、出席者全員で「ふるさと」を合唱した。

 先に行われた卒園・修了式では、4月から東郷学園に通う2人の卒園児に卒業証書を、市内の別の保育園に転入する修了生5人に修了証書が授与された。
同幼稚園は、47年の歴史の中で計1036人が卒園したという。

 黒木園長は「たくさんの素晴らしい子どもたちに出会えて幸せ。地域のよりどころがなくなるのは寂しいですが、幼児教育の環境を整えることが大事。悲しいことと捉えず、子どもたちの新たな一歩を応援したい」と話した。

 終了後には、幼稚園の敷地内に設置した記念碑の除幕式があり、児童と職員が植木鉢を重ねて作ったトーテムポール形の記念碑を披露。最後は出席者全員で色とりどりの風船を空に放ち、約半世紀にわたる歴史に幕を下ろした。

その他の記事/過去の記事
page-top