【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

できたよ「港カルタ」−港小3、4年生

本紙掲載日:2019-03-25
7面
港カルタで遊ぶ児童たち
港小学校3、4年生が作った「港カルタ」

地元の良さ詠み込む

 延岡市東海町の港小学校(大陽子校長、32人)の校区をテーマにした郷土かるた「港カルタ」がこのほど完成した。読み札、取り札それぞれ46枚ずつの「あいうえおかるた」で、同校3、4年生が1月末から約1カ月をかけて作った。

 読み札の字句は「〃す〃てきだなぼくの自まんの港小緑いっぱい鳥も仲よし」など、児童が地元の良さを詠んだ「五・七・五・七・七」の短歌。取り札の絵は短歌に合わせ、水性ペンや色鉛筆を使って描いた。

 「〃ぬ〃れている葉っぱのしずく落ちてきて池に落ちるときれいなもよう」をはじめ自作短歌5首を提供した市田琳飛君(4年)は「自然が好きなので地元の風景を詠んだ。自分たちで作ったかるたで遊べるのはうれしい」。取り札7枚の絵を描いた松本麻央さん(同)は「細かい部分を描くのが大変だった。このかるたでいろんな人と遊ぶのが楽しみ」と話した。

 3、4年生は19日、総合学習の時間に「港カルタ」を使って実際に遊んだ。短歌が読み上げられると、児童は元気に「はいっ」とカラフルな取り札に手を伸ばした。授業を見守った大校長は「かるたを通して児童の郷土愛がより具体的に感じられた」と目を細めていた。

 同校は今後、3、4年時の総合学習の一環として港カルタ制作を続ける考え。毎年実施している地域・世代間交流イベントにも活用していくという。

その他の記事/過去の記事
page-top