【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂神社で狂言

本紙掲載日:2019-03-27
7面
神楽殿で行われた「高千穂狂言の会」。茂山千五郎さん(中央)らが演じた「水掛聟」
はやしに合わせて山伏(右)と太郎冠者が踊るなど、めでたく楽しい「蝸牛」

茂山千五郎家の至芸楽しむ

 2020年に県内で開催される第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭の機運を高めようと、同文化祭のプレイベント「高千穂狂言の会」が24日、高千穂町の高千穂神社神楽殿であった。京都・大蔵流狂言師の十四世茂山千五郎さんらの狂言を観客約120人が笑って楽しみ、伝統文化に親しんだ。

 同町と茂山千五郎家のファンクラブ「クラブSOJA」が同神社の協力で主催。国文祭、障害者芸術・文化祭高千穂町実行委員会共催。地方で狂言を行うクラブSOJAの企画公演「オールジャパンプロジェクト」の一環として実施された。

 茂山さんら5人が「水掛聟(みずかけむこ)」と「蝸牛(かぎゅう)」を上演した。「水掛聟」では、婿としゅうととの田の水をめぐるこっけいなやり取り、「蝸牛」では、蝸牛(かたつむり)がどんなものかを知らず、やぶの中にいた山伏を蝸牛と勘違いした太郎冠者(たろうかじゃ)と、太郎冠者をだまして踊りを強要する山伏らの面白く陽気なしぐさに、町内外から訪れた観客は声を上げて笑っていた。

 家族3人で鑑賞した高千穂小6年の押方佑介君(12)は狂言を生で見るのは初めてだったという。「狂言は堅いイメージだったけれど明るくて楽しいものだった。一つ一つの動きがすごく面白くて子どもにも分かりやすい公演だった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top