【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

フェリーで涙の別れ−3月29日離任式

本紙掲載日:2019-03-29
1面
別れを惜しむ教師と島の人たち(3月29日午前、延岡市島浦町)

島野浦小中の先生7人

◆「感謝でいっぱい」

 延岡市島浦町で3月29日、島野浦小学校と島野浦中学校の離任式があり、異動する先生7人はフェリーに乗り、児童生徒や多くの人に見送られ、たくさんの思い出が詰まった島を後にした。

 両校で離任式があり、その後、先生らは宇治港へ。贈られた花束やプレゼントを手に児童生徒一人一人と別れを惜しんだ。

 島野浦中学校の渡部一博校長は「(島野浦は)教育の原点を感じることができた場所。私自身も成長させてもらえた」。島野浦小学校の中川芳彦校長は「2年という短い期間で、明るく素直な子供たちと共に一生ものの思い出をつくることができた」と涙を浮かべていた。

 宇和義浩君(島野浦中1年)は、2人の校長と過ごした時間を振り返り「たくさんのことを教わり、感謝の気持ちでいっぱい。また会える時を楽しみにしたい」と話した。

 出航の汽笛が鳴り響く中、教師と児童生徒や住民らは名残惜しそうに「また来るから」「向こうでも元気で」。互いに手にした色とりどりのテープが切れた後も、フェリーと岸壁で大きく手を振っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top