【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

桜まつりや観桜会

本紙掲載日:2019-04-01
2面
一般開放された観桜コースを散策する人たち(31日、延岡市水尻町の旭化成東海地区工場)
満開の桜の下で昔遊びを楽しむ子どもたち(31日、延岡市北方町)
桜とツツジが競演している地福寺(31日、延岡市上三輪町)

春のひととき楽しむ−延岡

 好天となった31日は、見頃となっている桜を楽しむ花見客の姿があちこちで見られた。延岡市内でも桜まつりや観桜会などが開かれ、桜を見ながら春のひとときを楽しんでいた。


◆東海地区工場で観桜会−旭化成

 同市水尻町の旭化成東海地区工場では恒例の観桜会が開かれ、親子連れなどが工場内にある桜並木を散策した。

 観桜会は同工場の地域活動の一環として昭和33年から続き、この日は工場が一般開放される。

 約700本が植栽された桜は六、七分咲き。来場者は約2キロの観桜コースをゆっくりとした足取りで進み、植栽されたエリアに到着すると写真を撮ったりして楽しんだ。

 両親ら5人で訪れた土々呂小3年の三輪千真さんは「桜がいっぱい咲いていました」と話した。


◆昔遊びやコンサート−北方町の荒平山

 同市北方町の荒平山では、桜まつりが開かれた。山にある約3000本の桜は満開。子どもから大人までが昔の遊びやコンサートを楽しんだ。

 桜まつりは地元の有志でつくる荒平会(田島紀文代表)が企画。竹とんぼや竹馬、輪投げ、こま回しなど昔の遊びを体験するスタンプラリーでは、大人も童心に帰って遊び、子供たちに遊び方を教える場面もあった。

 同町出身の井上清春さん率いる井上ファミリーバンドと、宮崎市在住の民謡デュオ「ふわり」のコンサートもあり、桜が咲き乱れる山に歌声を響かせた。


◆桜とツツジのコラボ−地福寺

 同市上三輪町の地福寺では、桜とツツジが見頃を迎えている。赤や紫のツツジと淡いピンク色の桜とのコラボレーションで、訪れた人たちの目を楽しませている。

 同寺では本堂の向かいにある永代墓に続く道に桜、その斜面にツツジが植えられている。今年は暖かい日が続いた影響で、例年は遅く咲くツツジが早くも満開。この日も次々に人が訪れ、「見事ですね」などと話し、花の競演を写真に収めていた。

 同寺のシンボルとなっているしだれ桜はまだつぼみが多く、見頃を迎えるにはもう少し時間が必要という。

その他の記事/過去の記事
page-top