【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

第1回西の正倉院みさと文学賞

本紙掲載日:2019-04-01
7面
第1回「西の正倉院みさと文学賞」贈賞式で記念写真に納まる受賞者(前列)と関係者。前列中央が大賞の武田さん、向かって左隣が原田さん。関係者が手にしているのは作品を収録した単行本

小説「次元と時空」−大賞の武田さん5人を表彰

 美郷町が昨年度創設した「西の正倉院みさと文学賞」の第1回贈賞式が3月30日、同町南郷支所であり、小説「次元と時空」で大賞に選ばれた神奈川県在住の武田加代子さん(56)ら5人に表彰状などが贈られた。優秀賞には地元の原田須美雄さん(72)=南郷=が選ばれた。

 地域再生事業の一環として、同町に伝わる百済王族伝説や王族が残した国宝級の銅鏡などを展示する西の正倉院をPRしようと同文学賞を創設。初年度は、百済王伝説や西の正倉院など町を連想させる作品を昨年8月から募った。全国から89点の応募があり、小説家の中村航さんらが審査した。

 贈賞式では、主催者である同文学賞実行委員会の田中秀俊委員長・美郷町長が、合併前の3村(北郷村、西郷村、南郷村)から現在までの文化的歴史を紹介。「(入賞した作品が)美郷町を知っていただけるきっかけになると強く感じている」とあいさつした。

 審査員長の中村さんが武田さんに、西の正倉院を建設する際に使用したヒノキで作った表彰状を贈呈。記念トロフィー、賞金50万円、作品を掲載した単行本なども贈られた。優秀賞や佳作に入った人にも表彰状、賞金、記念盾などが手渡された。中村さんは「武田さんの作品は、構成力と表現の仕方が一段抜きん出ていた。そのほかの入賞作品も町をいろいろな角度から切り取っていて面白かった」と講評した。

 大賞の武田さんは「作品を書いている中で主人公と共に美郷町を旅している気分だった。(ヒノキで作られた)賞状も重く、受賞の重みを感じます」とあいさつ。

 優秀賞の原田さんは、平成8年に完成した西の正倉院の建設責任者だったことを自己紹介し、「『足跡をまとめてみたら』という家族の一声で書いた。今後も美郷町をよろしくお願いします」と話した。

◆美郷町を連想させる作品−10日、単行本を全国一斉発売

 同文学賞は、企業版ふるさと納税を活用して運営しており、平成30年度は県内外18社から寄付を受けた。単行本には大賞から佳作までの9作品を収録。10日から全国一斉発売となる。

 町によると、町民の文学に対する関心は高く、旧西郷村には25年間発行された「さいごう文芸」、旧南郷村には「いだごろう」、旧北郷村には「いにしえ」「寅やん物語」など多彩な地元文芸誌があった。合併後も「美郷文芸」として現在まで47号が発刊されている。

 さらに、これらの文芸誌の中で発掘された歌人・小野葉桜(旧西郷村出身)や藤田世津子(同)の存在など、文学賞創設には歴史に裏打ちされた風土的背景があるという。

その他の記事/過去の記事
page-top