【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

中学校の指導者に講習会

本紙掲載日:2019-04-01
9面
延岡野球審判協会から講習を受ける県北の中学校野球部監督ら

延岡野球審判協会−初の試み相互連携し定期開催へ

 延岡野球審判協会(染矢國義会長、染矢儀傅理事長)は3月30日、県北の中学校野球部監督らを対象にした初めての審判講習会を延岡市西階球場で実施した。両者とも好感触で、今後も定期的に開催していく考えを示した。

 きっかけは、昨秋の第41回夕刊デイリー新聞社旗争奪日豊中学野球選手権大会。学校行事や他大会との兼ね合いで年内に消化できない異例の事態が発生。大会の継続が危ぶまれたが、今年2月に関係者が集まって開いた臨時の会議で日程を調整し、41回大会は今月2日に無事終えることができた。

 その会議の際、大会に関わる軟式野球連盟と各校野球部が「相互に連携して一緒に県北の野球を盛り上げていく」ことを改めて確認した。土々呂中監督で県中学校体育連盟軟式野球部会の吉田和弘審判部長は「一緒に活動していこうと軟連、審判協会から提案していただいた」と言い、県内でも例のない今回の企画が実現した。

 講習会には延岡、日向、西臼杵地区の学校から12人が参加。ジャッジするまでの基本的なステップ、球審や各塁審の動作や姿勢、実践形式での判断など1日を通して行われた。審判員は「必ず止まってプレーを見る」などとポイントを分かりやすく指導した。

 今回の受講者ら県北の教員17人は3級審判員として同審判協会に登録することも決まったという。

 県軟連の審判長も務める染矢儀傅理事長は「審判を知ることで指導も変わり、生徒たちにも良い影響が必ず出る。先生たちはまじめで真剣に臨んでくれた。県北がモデルケースとなって今後こういう取り組みを県内に広げていきたい」と手応え。

 吉田監督は「基本的なことから理論を持って指導してもらえるので、一つ一つの動作の意味も分かり、専門知識も学べて勉強になった。これまでは教員が審判を務めるのは中体連だけだったが、これからは日豊大会などでもしていけたら」と意欲的だった。

その他の記事/過去の記事
page-top