【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地元チーム優勝に期待

本紙掲載日:2019-04-04
7面
十屋市長に全国選抜3位の結果を報告する小野主将ら日向工ナインと学校関係者

インターハイ・ソフトボール競技

◆今夏日向市が会場

 今夏に南九州ブロックで行われる全国高校総合体育大会(インターハイ)でソフトボール競技の開催地となっている日向市の日向工業高校(稲用光治校長)が先月の全国大会で3位に入賞したことを受け、関係者の間では「地元のチームが優勝してくれれば」という〃夏への期待〃が高まっている。

◆日向工が選抜3位を報告−成功させよう南部九州総体2019

 同校は3月17〜20日、45都府県47チームが参加し東京都で行われた「第37回全国高校男子ソフトボール選抜大会」に県代表として4年連続22回目の出場を果たし、平成18年に日向高校が4強入りして以来、県勢として13年ぶりに上位になった。

 本番に向けて準備を進めるインハイの同市実行委員会(会長=十屋幸平日向市長)は今回の結果に手応えを感じつつ、夢を膨らませる。

 実行委で市ソフトボール協会の伊東廣会長は「(日向工の全国3位は)協会としてもうれしい。夏はホーム試合になるのでもっといい成績を目指してほしい。日向のソフトボールを盛り上げていくという意味でも日向工、日向には期待している」と激励。

 同実行委員会の矢野英生事務局長(市スポーツ振興課長)も「必ずや市内の学校が県代表として出場し〃ソフトボールのまち日向〃の名を全国に広めてもらいたい」と力を込める。

 同28日に日向工ナインの訪問を受けた十屋市長は「インターハイは地元開催なので声援もたくさんあると思う。それをプレッシャーとせず、優勝目指して頑張って。日頃の練習の成果を大会で出せるように願っている」と選手や監督に語り掛けた。

 日向工はインターハイでは平成10年に初優勝しており、この夏2度目の制覇が期待される。小野弘稀主将は「入学の時からずっと、3年の夏にある地元開催のインハイを意識してきた。地元の期待に応え、優勝旗を持ち帰りたい」と精悍(せいかん)な顔つき。川原雄大監督は「(優勝)期待の声も聞くが、まずはインハイに出ること。県予選を勝ち抜くことが一番難しいかもしれない」と、気を引き締めていた。

 今夏の南九州インターハイのソフトボール競技は7月27日〜8月9日、日向市のお倉ケ浜総合公園野球場と大王谷運動公園野球場で開かれる予定。

その他の記事/過去の記事
page-top