【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふくろうデイサービスが開所

本紙掲載日:2019-04-18
4面
開所した「ふくろうデイサービス」
広々としたホール
リフト付きのお風呂
車いすも入れるトイレ

ハラダ調剤薬局グループ

 医療・介護事業を展開するハラダ調剤薬局グループ(本部・延岡市出北、原田朋保社長)の地域密着型通所介護「ふくろうデイサービス」が15日、延岡市別府町に開所した。4月20日まで内覧会を行っており、来場を呼び掛けている。

 同社は延岡市と日向市で、薬局のほか介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅事業などを展開している。「ふくろうデイサービス」は延岡市内では初の通所施設として食事や入浴、機能訓練、健康チェック、介護相談などのサービスを行う。

 建物は延べ床面積85・5平方メートルの平屋建て。室内はバリアフリーで、木材をふんだんに使った温かみのある造り。室内には車いすで入れるトイレ、リフト付きのお風呂、リハビリ用の平行棒や階段昇降、レクリエーション用のカラオケ機器もある。

 延岡市全域を対象にしており、1日当たりの定員は18人、開所時間は午前9時10分から午後4時20分。送迎も行う。日曜日と1月1〜3日は休みで、4月22日から利用者の受け入れを開始する。

 また、敷地内には居宅介護支援事業所「ふくろうケアプランセンター」、高齢者専門宅配弁当の「宅配Cook123」、医薬品と医療機器の販売や介護用品の販売・貸与を行う「アリスライフ延岡サテライト」も併設された。

 管理責任者の木村美砂さんは「ケアプランを元に申し込んでいただく流れになります。新しい施設ということで、見学に来ていただく皆さまの反応も良いです。地域の人たちの健康を守るため、医療・介護を通じて貢献したい。お客さま、地域、すべての人に必要とされ、愛される企業を目指すという基本理念の元、選んでもらえる施設を目指します」と抱負を話した。

その他の記事/過去の記事
page-top