【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

晩春の森100人が満喫

本紙掲載日:2019-04-22
7面
木々の中を歩く参加者

棚田ウォーキングin日之影

 「棚田ウォーキングin日之影」が21日、日之影町であった。福岡県など県外からの観光客を含む20代から80代まで約100人が、同町の晩春の森のウオーキングを楽しんだ。町森林セラピー推進協議会主催。

 同町役場を出発し、戸川地区の石垣茶屋まで約7キロ。森林セラピーのコースにもなっている日之影川沿いの木々の中を、それぞれのペースで歩いた。

 晴天に恵まれて気温が上がり、途中から上着を脱ぐ人もいたが、川を流れる水の音や川風、緑陰を楽しみながら2時間ほどかけてゴールした。

 ゴールした参加者は弁当とマリーゴールドの花の苗をもらい、座って弁当を食べながら談笑していた。また、団子やシロップなど特産品の販売や同町観光協会主催の木工体験教室もあった。

 九州保健福祉大学社会福祉学部臨床福祉学科の同級生6人で参加した波多野智哉さん(20)は「植物などきれいな自然を見ながら歩いて、いい思い出ができたし楽しかった」。6人の1人で日之影町出身の甲斐怜平さん(20)=延岡市在住=は「きょうみんなに来てもらって、森とか日之影の良さを感じてもらえたと思うので良かった」と話した。


最後は戸川のつり橋を渡ってゴール
その他の記事/過去の記事
page-top